家づくりの現場から

  • 幸せの色がいっぱいの家 ~ 仁井田 S様邸

    2018.02.01|幸せの色がいっぱいの家 仁井田 S様邸

    いきなり雪が降ったり、風が強かったり、ずっと氷点下だったりと不安定な天気が続いていますが、現場は着々と進んでいます。

    基礎工事が完成して、設備業者さんによる配管工事を行いながら、建て方までの間「養生期間」に入っています。

    冬季工事にやる基礎工事に不安を感じる方は多いと思います。
    ですが、最近の技術や知識はとても発達していて、冬季でも問題なく工事を行う事が可能です。

    なぜ冬の基礎工事を不安に思うのか・・・。問題はなんなのか・・・。
    基礎工事の弊害となるのは、「凍結」が一番の問題になります。
    「凍結」する事でコンクリートに本来の強度がでない事や凝結できない事が問題となります。

    逆に言えば、凍結にだけ気をつければ工事は問題なく可能です。
    防凍材の使用、コンクリートN値の補強(増強度)、養生期間の追加(長期化)などなど、しっかりと対策をたてて丈夫な基礎を造っています。