家づくりの現場から

  • くらしごこちの家 ~ 天王 S様邸

    2018.01.18|くらしごこちの家 天王 S様邸

    大工さんの工事も完了間近です。
    内部の造作工事はほとんど完了して、細かな仕上げ工事を残すのみとなりました。

    棚、曲線の手摺、カウンターなどすべて手作りのオリジナル家具が出来上がると、グッとAnswerの家らしくなってきます。
    「造作工事」 = 「特注品」 お施主様の家がどんどん出来上がっていきます。

    外部では、塗り壁の仕上げモルタルの施工が進んでいます。
    左官工事が完了後は最後に塗装をして、外部も完成となります。

  • 思い描いた家 ~ 手形 S様邸

    2018.01.17|思い描いた家 手形 S様邸

    建て方が進んでいます。
    クレーン車を使った作業も早々に完了して、建物の形が分かるようになりました。

    ここから屋根工事 → 外周壁合板貼り → 床合板貼り → 内部下地工事 と天候の影響を受けづらいように考えられて工程で作業が進んでいきます。

  • 緑にとけ込む家 ~ 飯田川 W様邸

    2018.01.16|緑にとけ込む家 飯田川 W様邸

    大工さんの工事か完了して、塗装業者さんが乗り込みました。
    まずは、木部の塗装から仕上げ工事がスタートします。

    細かな場所が多い階段本棚もしっかり養生しながら丁寧に仕上げていきます。

    先に着色のある木部を塗装する事で、万が一にもクロスに付着しない様に工事工程にも注意しながら
    仕上げ工事が進んでいきます。

  • 笑顔咲く家 ~ 飯島 N様邸

    2018.01.16|笑顔咲く家 飯島 N様邸

    建て方が完了して、さっそく屋根工事に取り掛かりました。

    防水シートを施工した上に板金を1枚づつ防水処置を施しながら葺いていきます。
    熟練の業者さんが行っているので、ものすごいスピードで工事が進み、1日かからづに屋根の施工が全て完了してしまいました。

    「急いでいないのに早い!!」
    やはり腕の立つ職人さん達は一味違います。

  • 思い描いた家 ~ 手形 S様邸

    2018.01.15|思い描いた家 手形 S様邸

    建て方が始まりました。
    今日は建て方1日目。お揃いのAnswerヘルメットを被って、大工さんが土台敷きを進めています。

    「土台敷き」はその名の通り、躯体の土台を基礎の上に敷き、固定していく作業です。
    ですが、基礎の上に直接土台を置くわけではありません。
    耐久性や基礎の通気を考慮して、基礎パッキンという樹脂製パッキンの上に土台を敷いていきます。

    こういう目に見えない工夫や配慮でいい家が出来ていきます。

    抑えるべきところをしっかり押さえ、細かな気配りを忘れない様に2日目からも安全作業で現場を進めていきます。
    明日は、クレーン車が乗り込んでの建て方です。