fun × Tool

これがなくちゃ、家づくりが始まらない!Answerの家づくりメンバーが選ぶ、大切な道具たち。
相棒のような存在だったり、気持ちを支えてくれる宝物だったり。道具1つ1つにもそれぞれの想いが宿っています。

  • 丸鋸×船木棟梁

    大工

    船木さんは一番長くAnswerの家づくりに携わっている大工さん。
    そんな船木さんが選んだ道具が丸鋸です。
    細かな部分もこの丸鋸で調整し、
    意図したカタチにおさめていきます。

  • 丸鋸×上平棟梁

    大工

    丸鋸は刃が大切、と語るのは上平建築の親方上平さん。
    刃が悪いとまっすぐに切断できなかったり、
    仕上がりに大きな違いが出てしまうため、
    上平さんは様々な種類の刃をいつでも持ち歩いて仕事をしています。

  • フロアタッカー×安藤棟梁

    大工

    現場をキビキビと動かす職長の安藤さんが選んだのは、
    フロアタッカー。無垢材を並べ、流れるようにフロアタッカーを
    打ち付けていきます。早さもさることながら、
    その美しい仕上がりはまさに職人芸です。

  • 金槌×上平さん

    大工

    お父さん、お兄さん、さらにはおじさんも大工、という職人一家に
    育ったしげるさん。大工になった時、お兄さんからプレゼントされた
    のがこの金槌です。兄弟で、親子で、お互いに切磋琢磨しながら
    家づくりに励んでいます。

  • 脚立×森田さん

    内装

    森田さんの職人歴とほぼ同じくらい、約35年も使っている脚立。
    他の脚立が壊れる中、なぜかこの脚立だけは残っているそうです。
    森田さんの仕事を支え、一緒に仕事をしてきた脚立です。

  • コテ×青山さん

    左官

    若手左官職人として活躍している青山さん。大きな壁面を塗るため、
    細部をきれいに仕上げるため等、用途ごとにたくさんのコテを使い
    こなして仕事をしています。

  • カメラ×三浦 昇

    営業(Answer)

    Answerの完成住宅の写真を撮り始めて、7~8年になります。最初はカメラにもそんなに興味はなかったのですが、どんどん良く撮りたいと思いカメラにのめりこみました。
    絞り値やシャッター速度の勉強も独学で学びました。
    このカメラは亡くなったお義父さんの形見です。生前もっとお義父さんとカメラの話をしたかったなと今になっては後悔している今日この頃です。

  • スケール×利部 菜穂

    設計・現場管理(Answer)

    前職のリフォーム会社で3年間現場監督の仕事をしていました。
    右も左も分からない中、採寸をしたり、見積もりを提案したり、時には職人さんと一緒に現場で作業したり、いろんなことを学びました。
    初めての社会人生活をがむしゃらに過ごしてた私に、左官職人さんが20歳の誕生日にプレゼントしてくれたのがこのスケールです。あれから12年…。傷が沢山ついてしまったけど今も現場で大活躍!大切に使っています。

  • 手帳×畠山 ひとみ

    コーディネーター(Answer)

    手帳を活用するようになったのは、お客様との打合せをさせてもらうようになった頃から。
    次のお約束や、調べることをまとめたりと活用しています。プレゼントでもらったお気に入りの万年筆やカラーペンを使ったり、付箋やシールを貼りかわいくすることでやる気もUP!!行きつけの文房具屋さんでの新しいアイテム探しがいつも楽しみです。ようやく自分のスタイルに合った手帳に巡り合えました。

  • メンテナンスセット×佐々木 博喜

    定期点検・メンテナンス(Answer)

    潤滑油、ドライバー、六角レンチ、星形ビット、スパナ・・・などお客様の家へ訪問する際に必ず持ち歩いている道具箱です。簡単な調整やメンテナンスは点検の時などに自分が調整させてもらっています。今はもっとかっこいい道具箱を探しています!



commingsoon
資料BOXプレゼント

初回打合せ時に事例集などを専用BOXに入れて差し上げます。