STAFF BLOG

  • 気づき

    2017.09.18|竹萬

    Answer@竹萬です。

    昨日と一昨日、『平屋仕立ての木の家 +One Stage 』完成内覧会が開催されました。

    2日間で30組を超えるお客様にご来場いただきました。シルバーウィークの中、ご来場いただきありがとうございました。

     

    「土間のある木の家 -Stage GIFT-」の1階に+One Room(寝室)をというプランニングに興味を持たれる方が多く、生まれてきたこのプラン。コストとプランのバランスを考えて絞り込んでいきましたが、Stage GIFTで人気の“裏動線”、センターカウンター、階段図書館などのAnswerの人気アイテムも取り込んだ見どころ満載のプランです。

    また新色のフロア、ガラスの下がり壁など初めてのアイテムも好評の様でホッとしました。

    たくさんのお客様とお話しをしていると、気が付くことが出てきます。

    「こんな風に伝えればいいのでは。」

    「こんな資料があれば説明しやすいのでは。」

    「こんな広告なら目に留まるのでは」

    夏前から“秋田流儀”「森休みの家 -Stage Villa-」のオープン、完成内覧会、Stage GIFTもオープン、お客様との打ち合わせも、とやること満載の日々が続いてきましたが、秋も近づきそろそろ一段落。

    みなさんとのお話しの中で気づいたこと“かたち”にしていきたいと思います。

    これからのAnswerにも“乞うご期待!”

     

    昨晩の宮里藍選手の引退試合を見てました。

    最終ホールをホールアウトした時の涙、多くの選手、ファンに惜しまれている姿を見て私も感動しました。世界でトップを張り、このように愛される日本人選手がいることをうれしく思います。まだ早い気もしますが“お疲れ様でした

  • +One Stage 平屋仕立ての木の家

    2017.09.15|三浦

    三浦です。

    いよいよ明日公開の桜台ニュータウン 「平屋仕立ての木の家」。なんだかんだと準備しているうちにこんな時間に…もう深夜です。

     

    モデルハウスには名前を付けるのが“Answer流”。最近のものをみても

    「小さな木の家 -Stage Calm-」

    「土間のある木の家 -Stage GIFT-」

    「森休みの家 -Stage Villa-」

    どれにもそのモデルに込められた意味があるのです。(例えば“GIFT”=未来の私たちへの贈り物となる家 とか)

    そう考えると今まで使ってきた「平屋仕立ての木の家 ナチュラルコーディネート」という名称ですが、どうにも物足りません。そこで考えました。

    きっかけは英語で平屋を意味する“One-Story House”。

    Oneという言葉からは、平屋ベースの家なので階が暮らしの軸になる事、サイズ的にコンパクトなイメージを持っている事、などが連想されます。

    また+(プラス)という言葉には、「平屋仕立て」という平屋+屋根勾配を利用した2階という構造や、自分のやりたいものをトッピングしながら作り上げていける家、という意味を持たせています。

    そして「平屋仕立て」のプランとは、1階に1部屋プラスする事、そして子育てを終え、夫婦二人での生活というステージに1段上がるということを想定したプランニングである、という前提なのです。

    もしかしたら今までのネーミングの中で一番多くの意味や考え方を含んだものになったかもしれませんね。

    そんな「平屋仕立ての木の家 +One Stage」明日オープンです。

    是非ご覧いただいて皆さん独自の+Oneを見つけていただけたらと思います。

    たくさんのご来場、お待ちしております。

  • あと2日

    2017.09.14|竹萬

    Answer@竹萬です。

    『平屋仕立ての木の家』完成内覧会の開催まであと2日となりました。

    今もご来場のお客様に差し上げる資料を作成中です。
    (その息抜きにブログを書いているわけではありませんので誤解なさらないよう…)

    こんな作業をしていると、改めて『平屋仕立ての木の家』とは何であったか、ということをじっくり振り返る事ができます。

    Answerでは1階に寝室があり、1階だけで日常の生活ができるプランを「平屋仕立て」と呼んできました。今は何かと「子育て」に注目が行き、各社のモデルハウスもそれをテーマにするものが増えている中、Answerは子供が巣立ってからの長い年月、夫婦二人で過ごす時間を考えました。その時「平屋仕立て」であることが大切だと考えたのです。それを具体的に形にしたのが桜台ニュータウンの第10代モデルハウス「土間のある木の家 -Stage GIFT-」でした。

    この考え方が具体的に見えるようになったことで「平屋仕立て」はたくさん方々の賛同をいただきました。しかしStage GIFTそのままでは大きすぎるし価格も高い(モデルハウスであるが故の宿命でもあるのですが…)という声もたくさんいただきました。もっとちょうどいい大きさでちょうどいい価格帯のものがあったら…お客様だけではなく、我々もそう感じていました。

    そこで取り組んだのがこの「平屋仕立ての木の家」なのです。

    建物は面積が同じであれば総2階が最もコストを抑えられ、平屋が一番高くなります。しかし1階に一部屋設けるということは、1階が大きく2階が小さくなるため面積的にバランスを崩すことになります。

    それは即ちコストアップにつながります。よってプランは徹底的に無駄をそぎ落としました。しかしAnswerではコストを下げる為に木製トリプルサッシや外壁の塗り壁仕上げ、自然素材を作った家づくりという基本仕様を変える事はしません。

    さてどうする…

    この問題を解決するための鍵は外観でした。建物全体の高さを下げて外壁の面積を減らす事でコストダウンを図ったのです。

    その結果子供部屋には一部傾斜天井が出るなどかえって楽しい空間になりました。

    こうして誕生したのが『平屋仕立ての木の家』なのです。

    これからのAnswerの、そして家づくりのスタンダードになる可能性を秘めたプランだと自負しています。

    是非ご覧いただきたいと思います。

    今週末は桜台ニュータウンに是非お出でください。

    お待ちしております。

        

  • 自然素材

    2017.09.11|竹萬

    Answer@竹萬です。

    最近週末になると“秋田流儀”のモデルハウス「森休みの家 -Stage Villa-」でお客様と接する事が多いです。

    Answerの第一展示場 桜台ニュータウンの「土間のある木の家 -Stage GIFT-」や完成内覧会に来場されるお客様とは違い、Answerの事をご存知ない、または名前くらいは聞いたことがある、CMは見たことがある、といったお客様の比率が高いです。

    そんなお客様の反応は様々です。

    デザインや雰囲気に「わぁ~!」と感激される方もいれば、淡々と見て行かれる方もいらっしゃいます。

    いずれにしてもAnswerの家、そして会社をよく御存じない方々とお話しする際に考えるのは“自然素材”を意識していただこう、ということです。

    もちろん「Answerは自然素材で家を造る会社です」ということは言葉で申し上げますが、何より見に来て下さったお客様が、なんとなく自然素材から“五感で感じる心地よさ”を何か具体的な言葉で表現できないかな、と考えています。

    例えばAnswerの家にお住まいになったお客様から「子どもの喘息の発作が出なくなった」とか「アトピーの症状が軽くなった」という話。ちょっと会話の合間にさしはさんでみたりしています。

    外壁のモルタル仕上げは、サイディングボードのように10年に一度の塗替えは必要ない、ということを付け加えてみたりしています。

    わかっているようでわかっていない(場合によっては誤解されている)“自然素材”という材料。やはりもっと感じていただくことが一番、と思い、最後には必ず「土間のある木の家 -Stage GIFT-」をご紹介するようにしています。

     

    さてそんなAnswerの自然素材の家を感じていただけるモデルハウスが今週末、もう一棟お目見えします。

    桜台ニュータウンに「平屋仕立ての木の家」が登場です。

    こちらのモデルハウスは期間限定の公開です。

    お見逃しのないよう、ご来場お待ちしております。

     

  • 二組のご家族と…

    2017.09.10|三浦

    三浦です。

    今日は、桜台ニュータウン 「平屋仕立ての木の家 -土間style-」 M様邸の地鎮祭がありました。

      

    朝から土砂降りの大雨で竜巻注意報まで出る始末。一時はどうなることかと思いましたが、M様の日頃の行いがよいからでしょう、この通り雨にも当たらず、途中からは陽がさす中、無事に地鎮祭を行う事ができました。

     

    またその後、来週から内覧会を行う「平屋仕立ての木の家 -ナチュラルコーディネートー」の完成立会にも同席する事ができました。

    こちらの建物は以前にもご紹介した通り、モデルハウスの“オーナー募集”にご応募いただいたもの。つまり内外装のデザインからコーディネートまで全てAnswerにお任せいただいた建物ということになります。

    ここでもAnswerの新しい素材やデザインをたくさん採用させていただきました。

    その一部をお見せすると…

    造作のソファーと壁に貼られたタイルがアクセントして効いていますね。

    オーナーのT様ご夫妻は、初めて見る我が家に、終始歓喜の渦に巻き込まれているかのようでした。その感激ぶりは、さながらあの“ビフォー・アフター”に出演されている施主さんを見ているようでした。

    こうしてオーナー様のご協力を得て開催される「平屋仕立ての木の家 -ナチュラルコーディネートー」の内覧会は今週末スタートです。

    楽しみにお待ちください。

1 2 3 4 5 53