STAFF BLOG

  • 二本酒

    2017.10.23|竹萬

    Answer@竹萬です。

    昨日はAnswerスタッフ8名揃っての食事会でした。というのも…

    この度、Answerにご依頼頂く事になったY様からお酒(日本酒)を二本いただいたからです。

    Y様との次回打合せの前にみんなでいただいてお礼と感想をお伝えできれば、と(いう理由にかこつけて!?)台風や選挙もなんのその、昨日開催、ということになったわけです。

    1つめのお酒はフルーティで甘口、でありながらのど越しはしっかり、という中々の出来栄えでした。

    対してもう1つのお酒は、対象的に軽めでサラリとしたのど越し、最近“日本酒離れ”と言われる若い人たちにも飲みやすい仕上がりだったように感じました。

    お米が違うだけでこんなにも違うお酒ができるのだなぁ、と改めて感心させられました。

    こんな目的で始まった食事会ですが、飲み干した後もワイワイガヤガヤ、楽しい時間が過ぎて行きました。

    Y様、ご馳走様でした。これからよろしくお願いいたします。

     

    さて、先日の私の“予感”見事に外れてしまいましたね。

    2連敗の後の3連勝で見事ソフトバンクが日本シリーズに勝ちあがりました。

    楽天は2連勝の勢いで則本投手、岸投手のダブルエースが出てくるので「これで決まり!」と思ったんですけどねぇ…。

    まさかこの二人で連敗するとは思いませんでした…。

    梨田監督のジンクス、クライマックスシリーズのジンクス破れる!

  • 年に2回のお楽しみ

    2017.10.20|三浦

      三浦です。

    今週水曜日、秋の“Answer会”ゴルフコンペが行われました。

    取引業者の皆さんと毎年春と秋に行うこの会も数える事30回を超えています。

    昨年からは佐々木も参加。男性社員全員で臨んでいます。

    このコンペ、プレーはもちろんなのですが、実は準備も楽しみ。

    参加者のニックネームや紹介コメントを考えたり、(わかる人にはわかりますよね、この意味!?)

    どんな賞がいいか、賞品がいいか考えたり、(今回は今までにない新しい賞を3つ考えました!)

    プレー中は普段仕事を通してしか付き合いのない方々とざっくばらんに過ごしますが、この時間が距離をグッと近づけます。

    実は最大の楽しみはその後の飲み会。

    新屋の『栄月』で昼間のプレーをネタに「あ~でもない」「こ~でもない」と大騒ぎ。

    今回初参加の岡部建具さんはみんなにいじられっぱなし。成績発表~表彰式でもひとしきり盛り上がります。

    実はこのコンペ、清掃業者のTKクリーンプランニングの勝田さんが3連覇中。4連覇を阻むべくコースも選び(彼が苦手!?なはずのノースハンプトンにしました)万全の態勢で臨みましたが、ベストグロス争いでは私が2位、新ぺリアでは竹萬が2位、田中が3位と追い込んだものの4連覇を許してしまいました…

    こんな楽しみがあればこそ、仕事にも打ち込んでいけるわけです。

     

    さて今週末は

    「平屋感覚で暮らす。+One Stage」

    「土間のある木の家 -Stage GIFT-」

    「森休みの家 -Stage Villa-」

    の3棟ともにオープンいたします。

    3棟同時開催もあと2週間。この機会に色々なAnswerを見ていただければと思います。

    ご来場お待ちしております。

  • 車中にて

    2017.10.19|竹萬

    Answer@竹萬です。

    今日は撮影の立会からスタートしました。

    「平屋感覚で暮らす。+One Style」の撮影です。ムービーの撮影は初めて。ミニ番組用のものでした。

    アシスタントの女性は新婚さん。彼女の「カワイイ!」「素敵!」という歓声を聞くたびに、こちらもますます自信が湧いてきます。

    このミニ番組はABS秋田放送「@ほっとtime」。10月31日(火)21:54から放送予定です。ご期待ください。

     

    さて月曜日の現場調査への移動中の車内でのこと。

    いつしか話題はAnswerの“必修科目”、お客様のお家のネーミングの話になりました。

    S様は今年の2月の4棟同時内覧会にご来場。私が接客させていただきました。

    一目で「土間のある木の家 -Stage GIFT-」を気に入っていただき、そこからは土地探しです。

    お子様の小学校入学を控え、現在の住まいの場所、学区、ご主人様や奥様の職場へのアクセス等々の条件からエリアは絞っていったのですが、あとはマッチする物件が見つかるかどうか。いくつもの物件をご提案しましたし、お客様自身も熱心に探してこられてご相談をいただきました。その内容は

    「この土地にGIFTははまるかしら?」

    中には変形した3角形に近い土地もありました。

    当然この話になればプランナーである田中に相談します。

    その際「どんな形状であろうと、ご要望を盛り込んだプランを必ず作る。」という力強い言葉をもらい、自信をもってお答えしたことを思い出します。

    最終的に決定した物件も立地条件はバッチリ。ただし若干コンパクトだったため、後は「GIFTがはまるか」どうかが判断の分かれ目となりました。

    その結果、はまることがわかり正式にご依頼をいただいた、というわけです。

    間もなく着工ですね。S様楽しみにお待ちください。

     

    さてプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)もファイナルステージが始まりました。

    下剋上のにおいがします。パリーグです。

    実は私個人の今年のパリーグの優勝予想は楽天でした。決して“贔屓の引き倒し”というわけではありません。実は梨田監督、今まで近鉄、日本ハムの監督を務めてきましたが、いずれも就任2年目で優勝しているのです。今年も春から快調に飛ばして首位をキープ、やはり“ジンクス”の通りか、と思ったのですが、クローザー松井裕樹選手の故障と共に失速。3位に終わりました。

    ところがCSファーストステージで今年レギュラーシーズンでは大きく負け越していた西武に勝利。しかも昨日のファイナルステージ初戦を取りました。

    今までパリーグはファイナルステージ初戦を取ったチームが日本シリーズへ進出できなかったのはたった1度だけ。まさか、こんな形で“ジンクス”は生きているのか…

    (でもそのたった1度、初戦を取られたのに勝ち上がったのは今年の対戦相手ソフトバンクなんですけどね)

    みなさんも注目して見てみて下さい。

     

  • みんなで行ってきました

    2017.10.16|三浦

    三浦です。

    本日月曜日はAnswerの“社内打合せDay”。

    全体会議から始まり、各部門会議、現場調査など、社外の打合せは入れないで社内の打合せに集中する日です。

     

    ということで午後から現場調査に行ってきました。今日は土崎1ヵ所、由利本荘市2ヶ所、雄和1ヵ所と盛りだくさんでした。

    メンバーは田中、私、竹萬、佐々木の4名です。

    移動する車内では、見に行く現場のことから、日常の業務のこと、そして世間話ととりとめのない会話が続いていきます。

     

    現場調査はお客様からプランの作成依頼をいただくと行われます。

    田中はプランニング担当ですから、現地の状況、周りの風景から日差し、風、その他プランニングに必要な事を五感で感じています。

    私はお客様を直接担当していますので、funや展示場でうかがったお話を現地にあてはめ、田中のプランニングの参考になるようなお客様の情報やエピソードを伝えます。

    竹萬は法的な問題やインフラの整備状況をチェックします。

    佐々木は現場担当者としての視点から、敷地の形状や工事するうえで気を付ける事はないか等のチェックをします。

    こんな体制でチェックをしながら、ファーストプレゼンのための資料をそれぞれの立場から作成していきます。

    この後3週間後くらいをめどにお客様に対してのプレゼンを行うわけです。

    さぁ、これから忙しくなるぞ!

  • 価格と工事内容

    2017.10.15|竹萬

    Answer@竹萬です。

    昨日からプロ野球のCS(クライマックスシリーズ)が始まりましたね。

    巨人はCS進出争いで最後に失速。初めてCS進出を逃すという結果になりました。

    昨年はFA(フリーエージェント)で3名もの補強をしながらこの体たらく。その反面自前で若手を育成してきた広島が2年連続セリーグ優勝。実績のある選手をかき集めればいい、というものではありませんね。

    FAで移籍してきた村田選手の自由契約は年齢的なこともあるかもしれませんが、名目は若手育成のためだそうです。

    チャンスを与えられた若手が伸びるのか?(なんと来年の巨人は打撃コーチ3人体制だとか…)

    そして有望な若手を入団させることができるのか?

    26日のドラフト会議が楽しみです。

     

    さて前回は「坪単価」のお話しをしました。広告をみると坪27.8万円とか、一棟1,000万円を切るような価格が踊っていますが、そうした会社とは、価格の比較ではとてもかないません。

    ではそれらとどこが違うのか。それは「工事内容」です。

    Answerのプレゼンテーションには、その家に住んで生活していくうえで必要なものとその費用すべてが含まれています。あとからあれが必要、これに費用がかかる、といったものがありません。しかもキッチンキャビネットやウッドデッキ、カーテン、網戸に至るまで資金計画に組み込んでご提案しています。

    また家の外側の給排水管の工事は別途、照明器具は別途、暖房システムは別途、などのように家を家として使うために必要でありながら“別途”扱いになっているものはありません。

    つまりご提案の中に含まれている「工事内容」は、それだけで十分に毎日楽しく快適に生活できるようなものになっているのです。

     

    こんな話を聞いていると、自分たちの場合はどうなるのかな?と疑問がわいてくる方もいらっしゃると思います。

    そんな方のためにAnswerでは“資金シミュレーション”をさせていただきます。展示場でそしてGUEST HOUSE funで、ご自分の住宅資金についてじっくりお話ししてみませんか。

    電話やHPからご予約をお願いします。

    ご連絡お待ちしています。