STAFF BLOG

  • 「選りすぐりの家」内覧会です!

    2017.09.29|三浦

    三浦です。

    いよいよ明日、明後日は、由利本荘市 「選りすぐりの家」の完成内覧会を開催します。

    今日は最終セッティングの為、現地へ行ってきました。

    丁度備品を運び込もうとした時にものすごい勢いで雨が降ってきました。

    最近はスマホでも雨雲の様子を確認できます。(私はYahoo天気を見ています。)その時間は帯状の雨雲が秋田県内を南下中。30分ほどですが車の中で待機せざるを得ないような状況でした。

     

    さて先日、建て主のS様と完成立会をした時のことです。

    もちろん完成してからは初めてご覧になるのですが、

    「自分の家じゃないみたい!」

    と感激していらっしゃいました。そんな様子を見て私たちもうれしくなってしまいました。

     

    一通り見終わって、ご主人様が

    「この家なら休みの日にもずっといたくなるなぁ~。」

    しみじみと言われたその一言がとても印象に残りました。

    S様、今からお家で過ごす時間が楽しみですね。

     

    そんな「選りすぐりの家」。たくさんのご来場をお待ちしております。

     

    今日は本荘で昼食を食べました。

    現場近くの食堂「はまなす」(由利本荘市石脇字田中124-1)です。

    そのボリュームで有名なこの食堂。今日は“焼肉・ラーメンセット”をいただきました。

    さすがのこのボリュームで880円!(しかもドリンク付き)

    ドライブがてらお越しの方は、是非内覧の前後にでもご賞味ください。

    (ただし土曜日が定休日なのです。日曜日にご来場の方は是非!)

  • 価格と素材

    2017.09.27|竹萬

    Answer@竹萬です。

    いよいよ今週末から10月です。明日の雨あたりから気温も下がり、一気に秋の気配のようです。

     

    前回は

    「素材」×「プラン」=「価格」

    と考えた時、バランスを取るために素材にしわ寄せがいっていませんか、というところで話が終わっていました。

     

    一般的に住宅会社は素材で価格をコントロールしているようです。

    それは大量生産でき、施工が簡単な工場生産の建材(新建材)を使っているから。“安く”“早く”できるということはコストダウンの大きな要素ですからね。

    その代わり定期的なメンテナンス(代表的なのは外壁の塗り替え等)や材料の工場生産ゆえの廃版の心配などがついてまわります。

     

    Answerは“自然素材”で家をつくります。

    “木製トリプルサッシ”“無垢のフローリング・建具”“木質繊維系断熱材によるダブル断熱”“塗り壁の外壁仕上げ”etc.

    決してその素材を変えることはありません。

    なぜなら長く愛着をもって住んでもらいたいから、そして毎日を気持ちよく過ごしてもらいたいからです。それは

    「完成した瞬間だけが美しい家をつくってはいけない」

    というAnswerの考え方にも表れています。

    “自然素材”は長く使えます。交換するときも廃版の心配はいりませんし、将来のメンテナンスコストも安く済みます。

     

    いかがでしょう。こうした特徴を理解したうえで素材を選ぶというところから始めてみませんか。

     

    今週末は由利本荘市 「選りすぐりの家」の完成内覧会です。

    今年最後の由利本荘方面の完成内覧会になります。

    たくさんのご来場お待ちしております。

  • プランは…

    2017.09.25|三浦

    三浦です。

    お客様とお話をしている中で良く驚かれることがあります。

    「Answerのプランは100%田中(社長)が描くんです!」

    普通住宅会社といえば何人かの設計士がいて、お客様と打合せをしながら図面を描く、というイメージだと思いますが、Answerではその役割を社長が自ら、しかも全部の案件を担当するのです。

    田中のポリシーは「プランはお客様に対して最終的な責任を持てる者しか描いてはいけない。」です。

    だからこそ会社設立以来、プランは全て田中が描いてきたのです。

    もちろん常にいいものを描くための努力は怠りません。雑誌、展示会、モデルハウス等々はよく見て回っています。

    そして何より最も大切なお客様の“生の”声を聴くために、毎週のように週末はモデルハウスでお客様をお迎えします。(土曜日は「+One Stage」で朝から夕方まで座る暇もなかったとか…)

    このようにして皆様から評価していただいているAnswerのプランは生まれるのです。

    夏になると田中はポロシャツ(胸にはAnswerのロゴ入り)にチノパンのスタイルが定番になりますが、先週ご相談を受けたお客様に「彼が社長で100%Answerのプランを描いてます。」とご紹介したところ、「まさか、そんな立場の方だと思わなかった。」(決して悪い意味ではありません…と思います…)という言葉をいただきました。

    現場を愛し、お客様を愛するのが田中の“田中”たる所以だと思っています。

     

    このようにAnswerでは役割分担が明確です。Answerのスタッフはみんな得意分野を持っています。それはまたの機会にご紹介します。

     

    さて今週末は由利本荘市「選りすぐりの家」の完成内覧会です。

    本日ご案内状は発送させていただきました。

    みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。

  • 価格

    2017.09.24|竹萬

    Answer@竹萬です。

    昨日は秋分の日。みなさんお墓参りには行かれましたか?(私は仕事。「森休みの家 -Stage Villa-」でお客様のお相手をさせていただいていました。)

    この日を境に昼と夜の長さが逆転します。ということは今日からは夜の方が長くなるわけですね。

    爽やかな秋晴れの下、大平台の周りの田んぼでは盛んに稲刈りが行われていました。稲刈りが終わると冬に向かって一直線です。

    さて先週オープンした「平屋仕立ての木の家 +One Stage」にはたくさんのお客様にご来場いただきました。今回は期間限定とはいえモデルハウスのオープンということで一部広告も出させていただきましたし、「ご予約不要」での対応だったためか“初Answer”のお客様もたくさんいらっしゃいました。

    「森休みの家」も含めて最近は“初Answer”のお客様と接する機会が増えてきているのですが、お話ししているとどうしても行きつくところは『価格』のお話。

    「坪単価は?」

    「総額は?」

    といったご質問を受けることになります。

    ではそもそも建物の金額はどのように決まるのでしょうか。

    Answerでは「素材」×「プラン」=「価格」であると考えています。

    当たり前といえば当たり前のことなのですが、実はこれが重要なことだと思うのです。

    みなさんの家づくりの悩みの種は、突き詰めていくと

    「プランがよくても価格が合わない」か「価格がよくてもプランが合わない」

    のどちらかなのではないでしょうか。

    そして最後はそのバランスを取るために、素材(仕様と言い換えてもいいかもしれません)を変える、というのが一般的なように見受けられます。

    果たしてそれでよいのでしょうか。

     

    建てることにだけ気を取られて、将来のことまで気が回っていないのでは?

    素材が変わると将来のコストが大きく変わってくるのですが…

    ではAnswerはこの問題をどうクリアするの?

     

    ひと言では語れない問題に足を踏み入れてしまったようです。

    ということでこれから何度かに分けてお話しをしていきたいと思います。

     

    今週末は由利本荘市 「選りすぐりの家」の完成内覧会です。

    「平屋仕立て」のプランですが、またまた新しい動線が生まれました!

    今からお申込みいただいても十分に間に合います。(ご案内はがきは明日発送予定です。)

    たくさんのご来場お待ちしております。

  • 選りすぐりの家

    2017.09.22|三浦

    三浦です。

    今日は9月30日(土)・10月1日(日)の2日間、完成内覧会を開催する由利本荘市「選りすぐりの家」の写真撮影に行ってきました。

    この家の名前の由来は…

    まだお若いS様ご夫婦、お子様が産まれたのがきっかけで家づくりをスタートされたそうです。

    最初は色々な住宅会社を見て回ったそうです。そのうちに徐々にご自分たちの好みがハッキリしてくる中で、昨年桜台ニュータウンのAnswerの第一展示場「土間のある木の家 -Stage GIFT-」をご覧になり、Answerを“選ばれた”のでした。

    何度も打合せを重ね、S様もご自分たちのいくつもある要望の中からやりたいものを“選び”出し、それらを盛り込んだプランが完成しました。

    実はそのプランは先週お披露目した「+One Stage」をベースにしたもの。しかし2階は今年の年頭から限定公開した「大人かわいい家」のエッセンスを取り入れたものとなりました。

    1階には

      ・シューズクロークからも家に上がれるウォークスルー玄関収納

      ・和室からも洗面からも使えるファミリークローゼット

      ・リビングとリンクした“+One”ルーム

    リビングと1階の+Oneルーム(和室です)がリンクしただけで、こんなにも広がりが感じられるなんて…

    その他にも「+One Stage」でも評判だった“裏動線”も確保しました。

    2階には

      ・解放感を演出する大きな吹抜け

      ・サンルームと連結したもう一つのファミリークローゼット

      ・2階に寝るならあると便利なトイレ

    色々なご要望やアイディアを“選りすぐった”家が完成しました。

    明日は完成立会です。今からS様がどんな反応を見せて下さるのか楽しみです!

     

    さて先週オープンした「平屋仕立ての木の家 +One Stage」。今週末もオープンいたします。

    12月までの限定公開のモデルハウスです。ぜひご覧いただきたいと思います。

    お待ちしております。