STAFF BLOG

  • 大人可愛い家*飾り付け*

    2016.03.29|ブログ

    今日は今週末に内覧会を開催する”大人可愛い家”の飾り付けをしてきました。
    館内は明るいパインフロアの床材を採用。(久々の明るいフロアのお家となります!!)

    IMG_5905

    チェッカーガラスをはめ込んだオリジナルのリビングドアを開けると、
    家中包み込む木の香、素足でもあたたかい無垢の木の温もりが・・・

     


    IMG_5884
    こちらはキッチンの対面側に設けた作業台。
    カフェの様な雰囲気のキッチンは一人で使っても
    みんなで使っても絵になります。

     



    IMG_5892
    「家を建てるなら絶対にガラス細工を飾る場所が欲しかった」と
    お施主様こだわりの飾り棚。ガラス細工が目立つようにと
    背面には白いモザイクタイルを貼ったり、照明を付けたりと
    お施主様こだわりの場所です。





    IMG_5882
    飾り付け終了後には、内覧会に参加するスタッフでの勉強会を開催しました。
    お施主様の家づくりに対する思いや、こだわりなどをスタッフどうし話し合い
    今週末の内覧会に向けて準備万端です。

    家時間と私時間を愉しめる”大人可愛い家”。
    木の温もり感じる明るい館内はもちろんのこと、キッチン→サンルーム→
    ファミリークローク→脱衣室と回遊できる家事動線も見所となっております。
    床面積約30坪とは思えないプランニングを是非ご体感下さい。

    今週末、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

    *******Answer OPEN HOUSE*******
    4月2日(土)・3日(日)
    10:30~17:00
    ※いつもより30分遅い開場となっております。
    ご来場の際は、お葉書のご持参をお願いいたします。
    *****************************************

     

  • 出羽食堂

    2016.03.28|三浦

    三浦です。

    本日の昼食は出羽食堂の“生姜焼き定食”でした。

    160328blogphoto1

    160328blogphoto2

    実はこの食堂のすぐ近くに、この週末完成内覧会を開催予定の『大人かわいい家』の現場があります。いよいよ現場も追い込み。仕上げ工事も最終段階まで来ました。

    160328blogphoto4

     

    この『大人かわいい家』のお隣もAnswerで建築させていただいたI様邸です。縁あって土地の手配にもご協力いただき、お隣に建築させていただくことになりました。また工事中も大変お世話になりましたが、早いものでお引渡ししてからもうすぐ5年です。

    160328blogphoto3

    その頃から由利本荘の現場がある時にはこちらの出羽食堂をちょくちょく利用させていただいていました。

    今日食べた生姜焼きはもちろんですが、他にも“肉野菜定食”、“かつ丼”、“カツカレー”、“肉鍋定食”などもおいしいです。これが三浦のおススメ“ベスト5”といったところでしょうか。

    160328blogphoto5

    160328blogphoto6

    基本的にごはん類、定食類がお勧めです。味だけではなくボリュームもきっとご満足いただけると思います。現場に入った職人さんたちも、ここで食べてみたいからとお弁当を持たずに来た、という事もあったとか。一度食べてみる価値あり!です。

    今週末の内覧会は土曜日、日曜日と2日間行われるわけですが、残念ながら日曜日は定休日。土曜日にお出でになるご予定の方は是非チャレンジしてみてください。

    日本海東北自動車道の大内ジャンクションを下りてすぐですから、秋田市内から40~50分。ドライブにもちょうどいい距離です。

    今回はみどころがいっぱいの内覧会です。楽しみにしてお出でいただければと思います。

    ご来場お待ちしています。

  • 間戸

    2016.03.27|竹萬

    Answer@竹萬です。

    Answerに来てからコーヒーを飲む機会が増えました。会議や打ち合わせの時に女性陣が淹れてくれることが多いからなのですが、そのためか自分で淹れる時もコーヒーの割合が増えた気がします。とは言っても会社で手軽に、ということになるとインスタントが多くなりますよね。私の世代だとまず思い浮かぶのは“NESCAFE GOLDBLEND”。

    私が子供の頃から「違いがわかる男 ゴールドブレンド」というシリーズのCMがありました。最近まで続いていたようですが、要は著名人をフィーチャーして、最後に「違いがわかる男 ゴールドブレンド」というナレーションとともに最後にコーヒーをすする、というシーンで終わるあれです。

    その“違いがわかる男”の中に建築家の清家清がいました。調べてみると放送されたのは1976年、8代目の“違いがわかる男”だったそうです。まだ小学生の時です。(歳がバレますね。)

    決してその頃から「建築に興味がありました」などという高尚なものではありません。「上から読んでも下から読んでも“清家清”」という、いかにも子供が喜びそうなところで印象に残っていただけです。

    実は最近その清家清の言葉に触れる機会がありました。ちょっと長くなりますが引用します。

    『日本の“間戸”は日中開いているのが普通の状態、
       窓を開けるというのは明ける、
       すなわち明るくするということなのです。
       閉まっているのが常態の外国の“窓”とは
       全く異なる概念だといえるでしょう。』  「現代の家相」新潮社

    “間戸”というのは“窓”の語源だそうです。日本の住宅は柱と梁とで構造が作られますから、当然柱と柱の間はすき間です。それを仕切ってしまえば壁になりますが、戸を付けてそこを“間戸”と呼んだ。なるほど、納得です。

    これと比べて外国では建物は石やレンガを組んだり積んだりしたので元の形は屋根と壁だけなのですが、人が出入りしたり、明かりを取ったりするために、そこに穴をあける、というのが外国の“窓”。確かに元は閉まっている、ということになります。

    お客様とお話ししていると、みなさんよく「窓は大きく取りたい」「明るく開放的なリビングにしたい」と言われます。日本で未だに主流である“木造軸組み工法”とその特徴である“間戸”の概念。これらは日本人のDNAとして受け継がれてきているものなのかもしれませんね。

    さて今週末は由利本荘市「大人かわいい家」の完成内覧会です。別棟のガレージ付きのお家になります。大内ジャンクションを下りてすぐ。春のドライブにもちょうどいい場所です。

    ご来場お待ちしています。

     

     

  • 内覧会後記

    2016.03.24|竹萬

    Answer@竹萬です。

    なんと雪が降っております。

    一週間前には『いよいよ春本番。』なんて書いたんですが…季節の変わり目、体調にはお気を付け下さい。

    3月19日(土)20日(日)の2日間、桜台ニュータウンの「こよなく木を愛する家」の完成内覧会を開催いたしました。天気もすぐれず、世間はお彼岸、3連休、という中43組ものご来場をいただきました。誠にありがとうございます。

    室内外ともたくさんの木が使われたお家だったので、ともすればそちらに目が行きがちかな、と予想していたのですが、一番関心が高かったのは寝室の様です。

    ベッド周り全体の床を上げ、その中にマットレスを落とし込む。「今までに見たことない」、との言葉をたくさんの方からいただきました。

    160324blogphoto1

    「子供と一緒に寝ても(落ちなくて)安心だよね。」

    「本や雑誌を読みながら寝る時も、脇に気楽におけるからいいね。」

    色々な言葉の中に共通して感じられたのは

    “こんなことできるんだぁ!?”という驚きだったように感じました。

    他にも造作のキッチン、洗面化粧台(“女優鏡”とも“ハリウッドミラー”ともいうスタイルなのだそうです)等々見所満載でした。

    160324blogphoto2

    こうしたみなさまの興味を引いたところは造作モノ。つまりAnswerの魅力は、“造作”にあり、と言ってもよいのではないでしょうか。

    今の建築はともすれば既製品の組み合わせで全て収めてしまうことも可能です。

    しかしAnswerの建物は“造り”ます。ご要望を現場に落とし込む事ができるプランナーやコーディネーター、そしてそれを実現する事ができる職人。
    こうしたスタッフが揃っていればこそできる“業(わざ)”です。

    これからもAnswerにご期待ください。

    さて次回の完成内覧会ですが、4月2日(土)3日(日)の2日間、由利本荘市岩谷の「大人かわいい家」で行います。
    今回の会場とはまた違った雰囲気のお家になります。ご来場お待ちしております。

    最後に今回の完成内覧会にご協力いただいたS様。本当にありがとうございました。これからが本当のお付き合いの始まりです。これからもよろしくお願いいたします。

     

  • 内覧会前日

    2016.03.18|三浦

    三浦です。

    今日は明日からの桜台ニュータウン「こよなく木を愛する家」の完成内覧会に向けて、準備のために会場を出たり入ったりしていました。

    内覧会に間に合うようにと、夕方には施主のS様から寝室のマットレスを入れていただきました。

    ベッドを置かない寝室。

    今回のお家の見どころの一つです。

    160318blogphoto1

    そのパンフレット用の写真を撮りに行ったところ、ちょうどあたりが薄暗くなってきました。何とも言えない雰囲気の中、振り返ると家の中から明かりが漏れてきて、とても綺麗なんです。

    マットレスを届けて下さったS様ご夫妻が外に出ていらっしゃったので、しばらく時間の経つのを忘れて一緒に見とれていました。

    これからこのお家に住むのが待ち遠しくて仕方がない、といった様子のS様にお礼を言いつつ会社に戻ってきたところです。

    様々な工夫とお施主様の思い入れが目いっぱい詰まった「こよなく木を愛する家」。見所満載です。

    公開は明日19日と明後日20日の2日間のみ。お見逃しのないように、ご来場ください。

    最後に新居を会場にご提供いただいたS様。「今までたくさん見せていただいた分、どうぞ我が家も使ってください。」とおっしゃっていただいたこと、心より感謝いたします。

    ありがとうございます。

    160318blogphoto2