TANAKA'S BLOG

  • 冬の休日

    2018.01.16|ブログ

    休日の朝は、愛犬がめざまし代わりです。
    散歩の催促で起こされると、私はすぐに薪ストーブへ。
     
    昨晩からのぬくもりが残る庫内へ、新たに2~3本の薪をくべて
    空気を送り込むと、すぐに赤々とした炎が立ち上がってきます。
    これを見届け散歩に出掛け、3~40分ほどで戻るころには
    館内はすっかり暖まっているといった具合です。
     
    我が家の薪ストーブは、リフォームの際に設置しているので
    薪置き場は館内ではなく庭先に設置しています。
    ここから1日分の薪を館内に運び入れるのが、私の日課に
    なっています。
     
    夕方冷えこんでくる頃にさらに追加の薪を投入しながら
    新しい炎を起こすのも楽しみのひとつです。
     
    しかし何と言っても最大の楽しみは、吹抜けにかけてある
    布団です。1日かけて暖炉の輻射熱で暖められた布団は
    もう、フワッフワ!ここに潜り込めば即、夢のなかです。
     
    今週末(1月20日・21日)はそんな薪ストーブの魅力を体感していただく
    『薪ストーブ体験会2018』を開催します。
    ストーブ料理の試食会や、関連グッズの展示即売会など
    メニュー盛り沢山です。
    会場は当社第一展示場「土間のある木の家~Stage GIFT」です。
    入場無料ですので、お気軽にご来場ください!
     
    最後にちょっとマニアックな〝薪ストーブあるある〟をひとつ。
    暖められた暖気が吹抜けの天井に届くと、その暖気が跳ね返り
    〝フワッ〟と暖かさが降りてくる瞬間があります。
    この包み込まれる心地良さは、〝生きててよかった〟レベルです!
  • 2018 はじまり

    2018.01.11|ブログ

    あけましておめでとうございます。
    長かったお休みも明けて、当社は今日から仕事始めです。
     
    とはいっても、全員集合したところで毎年恒例の神棚に手を合わせ、
    今年の抱負やビジョンを語らう座談会のような打合せに入り、
    ほどなくして関連業者の皆さまと新年のご挨拶を交わした後、
    頂戴したお菓子で一服、、、、と、慌ただしくも華やかな
    独特の雰囲気のなかでのスタートとなりました。
     
    この後は業者の皆さまと総社神社にて1年の安全祈願、
    そして新年会に突入となります。
     
    実質的な仕事始めは明日からですね(笑)。
     
    年明けにふと浮かんだ一文字が「整」。
    今年は必然的に〝整ってくること〟やさらに努力を重ねて
    〝整えなければならないこと〟を認識し、スタッフ一丸となって
    しっかりと取り組んでいきたいと思っています。
     
    本年も建築工房Answer を何卒宜しくお願い致します。
  • 必要なモノ&コト

    2017.12.19|ブログ

    毎週月曜日の朝は全社会議につづいて各部門ごとの打合せに入ります。
    今月からこのミーティングにおける徹底事項を新たに追加しました。
     
    それは週末を中心とした展示会場での対応や、お客さまとの面談に臨むにあたり
    〝あったらよいモノ&コト〟のアイデアを各自持ち寄り、共有し、準備することです。
     
    もちろんこれまでも各自が独自の考えで取り組んでいたことですが、
    これを打合せ時間のなかで意識的に慣例化し、より中身の濃いものにすることが
    狙いです。
     
    何事もノープランで臨むことほど無意味なことはありません。
    単なるルーティンワークに陥るばかりでなく、お客さまからのリクエストに
    どこまでお応えできるのか甚だ疑問です。
     
    一人よりも仲間たちの経験や知恵を持ち寄ることで
    新たな気づきが生まれるはず。
     
    これが次のステップに進む力になると思っています。
  • 酒席

    2017.12.12|ブログ

    行きつけのお店に、こんな人生訓が。
     
    一杯は人、酒を飲む
    二杯は酒、酒を飲む
    三杯は酒、人を飲む
     
    う~ん、なんとも含蓄のある言葉であります。
    先日これを眺めながら、ふと今世間を騒がせている
    相撲界の問題について考えてしまいました。
     
    ここまでこじれた要因や真偽のほどは今だ霧の中ですが、
    もし発端となった現場がお酒の席でなければ
    どうなっていたのだろう・・・・と。
    兄弟子としての品格を維持しながら、違った対応が
    あったのではと思うわけです。
     
    12月はなにかとお酒をいただく機会がめっぽう増える時期。
    本来楽しいものであるはずの宴席が、お酒が原因で後味の
    わるいものにならないよう、注意しなければなりません。
     
    今日はこれから、今年1年共に家づくりに邁進してきた
    協力会社の仲間たちとの忘年会。
    自分はもとより、参加される皆さんの労をねぎらい
    心から楽しんで頂ける会にしたいと思います。
     
    酒には強い私ですが、間違っても
    酒に飲まれることのないように・・・。
     
    それでは、行ってきます!
  • こだわり~追及し続けること~

    2017.12.06|ブログ

    先週末の秋田市牛島での完成内覧会には、二日間で56組の皆さまに
    ご来場頂きました。 
     
    本当にありがとうございました。
     
    今回の内覧会でも、私たちが日々こだわり、追求し続けているポイントを
    とても高く評価頂けたことは嬉しいかぎりです。
     
    本物の素材でしか生み出せない造形美をさらに昇華させた
    建具をはじめとしたオリジナルデザインの数々や、サイズの大小に
    関わらず、すべての家造りに共通している設計プランニングの〝ルール〟は、
    長く家づくりに携わるなかで抽出した「暮らしやすさ」と、
    「永く愛着を持てる住まい」に直結する部分です。
     
    先日もお引渡しの際、「想像をはるかに超える完成度。
    すべてお任せして良かった。」とのお言葉を頂きました。
    このオーナー様もスタート段階でのヒアリング(ご希望やイメージ)以降は、
    ほぼすべて私たちのご提案を受け入れてくださり、完成に至ったケースです。
     
    手前味噌ですが、詳細な空間デザインやディテールに及ぶコーディネートは
    私たちにお任せ頂く場合の方が、圧倒的にお客さまの満足度は高いようです。
     
    お任せいただくということは、それだけ責任も大きくなるわけですが、
    ここがプロとしての腕の見せ所でもあります。
     
    これからも様々なこだわりを追及しながら、
    皆さまに感動して頂けるご提案を続けていきたいと思っています。
1 2 3 4 5 20