家づくりの現場から

新築
秋田市桜

ほどよく、ゆったりと

ゆとりを感じる平屋暮らしが叶う木の家。 良い歳の重ね方をし固定概念にとらわれない自分たちのスタイルを追求した 2度目のAnswerでの家づくり。

家づくり進行状況

更新日:2022.07.08

③基礎工事

基礎工事とは、家が傾いたり沈んだりしないように建物の荷重を偏りなく直接地面に伝える役割を担う「基礎」を築く工事です。Answerでは「ベタ基礎」が標準仕様となります。ベタ基礎工法は床下一面が鉄筋コンクリートになっているため、強度が高く、頑丈です。面で支えることで、荷重の偏りを分散させ構造の安定性を高めるだけでなく、より地面から上がってくる湿気や、シロアリの侵入を防ぐ効果があります。