STAFF BLOG

  • ”いつものメンバー”

    2018.11.15|浅石

    お久しぶりです、浅石です!

    季節はすっかり冬ですね。
    温泉が恋しい季節になりましたね。

     ところで私は趣味という趣味が無くて困っているんですが、
    (アンサーに入社してからゴルフは始めましたが)

    唯一、続けているというか通い続けている場所があります。

     

    それは、とある温泉施設(健康ランド)です。

     

    家の近くということもあり時間さえあればそこに通い、
    サウナに入ったり、マッサージを受けたり、
    時にはお酒を飲んだりなど、、、、

    そんな生活をここ3年くらい続けています。
    (ちなみに私は先月25歳になったところです。)
    ※若者の行動パターンでは無いことは自分でも理解してます。

    そして3年も通っていたら自然と”友達”が数名出来ました。
    友達といっても、みんな歳は少なくとも40は上だと思います。名前も知りません。

    いつものメンバーA:「おう、来たが。」

    私:「おいっす。」「お疲れっす。」

    いつものメンバーB:「おう、今日休みかー。」


    などと軽くあいさつを交わし、サウナに入りながらなど世間話をしたりします。

    そんな”いつものメンバー”たちはおそらく長年、毎日のようにいるんだろーなと思います。
    今日は来るのが早いだの遅いだのという会話が
    私が行くたびにされているので、おそらくそうだと思います。

    この施設はそんな”いつものメンバー”たちに支えられているんだなーと、しみじみ思いました。

     

     

    Answerの家づくりもそんな”いつものメンバー”(職人さんたち)に支えられています。

    ほとんどの職人さんたちが長年、Answerの家づくりに携わっています。
    なので、業者間のチームワークもとても抜群です。
    現場に行ってもとても雰囲気が明るく、みんな楽しそうに仕事をしています。
    休憩の時間なんかはアルコールの無い”飲み会”みたいな感じです。(笑)

     

    以前、ある職人さんから

    「Answerの家は手間がかかる」

    「でも手間がかかるほどやりがいもあるし、完成した時の達成感があるんだ」

    と、サラッとカッコよく話してくれたことがありました。(とてもドヤ顔でした)

    いや、でもほんとにカッコよかったです。
    入社して1週間くらいっだったことを差し引いても。

    ”本物の職人”だなーと思ったことを覚えてます。

    「”本物の素材”で、”本物の職人”がつくる家」
    これがAnswerの家づくりなんだなーと思いました。

     

    私も男たるもの、これからどんな高い壁にも立ち向かおうと思います。

     

    ”高ければ高い壁の方が登った時気持ちいもんな~”

    と、あのミスチルも歌ってることですし。