STAFF BLOG

  • ”つもり”

    2019.04.11|浅石

    こんにちは、浅石です!

    新年度が始まり、新たな生活をスタートさせている人もいるかと思います。
    そんな私も社会人”8年生”がスタートしました。

    高校を卒業して社会に出てから丸7年、
    思い描いていたような25歳とはちょっと違うような気もしますが、
    多くの方の助けによりなんとかここまで生きてこられました。
    まだ25歳のひよっこではありますが、”平成”の時代は助けられっぱなしだったので、
    ”令和”の時代は少しでも助ける側の人間に回れるように生きていきたいと思います。

    さてさて、話は変わりますが、

    この前、家の片付けをしていたらこんな”紙きれ”が出てきました。

    これは高校の卒業式の日に担任の先生から渡されたものです。
    これが机の引き出しの奥底に眠っていました。
    当時、先生がこの紙を見ながらいい話をしてくれていたと思うんですがあまり覚えていません。
    誰の言葉だったかも忘れてしまいました。
    高校生の頃の私にはこの言葉の意味が分かっていなかったんでしょう。
    だから引き出しの奥に眠っていたんでしょうけど…..

    約7年ぶりにこの紙きれに再開した時、急に懐かしい気持ちになり色々と思い出が蘇ってきました。
    高校生の頃は理解できなかったけど、
    今なら少しはこの言葉の意味が理解できたんじゃないかと思います。

    人間、うぬぼれるなよってことを言いたいんではないかと。 (個人的見解)

    この”紙きれ”に再開した日からこの紙は我が家のトイレに貼り付けました。
    毎朝これを見て「今日も一日頑張ろう!」という気持ちになれます。

    自称”Answerを背負って立つ男”こと、浅石。
    新時代”令和”を突っ走りたいと思います!