STAFF BLOG

  • 「感動をありがとう」

    2018.08.23|利部

     こんにちは!利部(かがぶ)です。

    金足農業高校野球部の皆さま準優勝おめでとうございます。

    秋田県、東北、そして全国まで感動をありがとう。


    103年ぶりの決勝戦進出に秋田市内はどこも大盛り上がりでした!

    Answerも社員みんなでTVの前で応援しました。社員の浅石くん(元野球部)の的確な解説に納得しながら、心から楽しませてもらい最後には皆で涙をながしました。
    (決勝戦はあいにく息子が熱を上げて看病しながらの観戦となってしまいました・・・)

    毎日特番で「金農特集」が組まれ全国からも大注目の金農ナイン。
    やはり一番みんなから愛される理由は「地元の公立高校であり、メンバーも9人全員が秋田の地元出身」というところでしょう。


    ↑決勝9回 このみんなで肩を組んでいるシーンが一番印象的でした(;;)

    秋田の人はみんな地元愛が強いと思います。田舎でショッピングするところも少なければ若者が遊ぶ場所も少ない。しかし秋田には自然がある、秋田の食べ物はおいしい、地元が大好きだという人が沢山います。

    今回の金農の準優勝で全国に「秋田・金足」の名が広まり秋田のビジネスマンは今ここでどう活かせるか?という県議会議員さんのSNSを目にしました。
    私は単純に「純粋な秋田の良いところ」を活かすだけで十分な経済効果があると思いましたし、ここでいやらしく秋田を売っていくと純粋な金農に好意を抱いてくれたファンをがっかりさせることになると感じます。
    なので是非「秋田らしさ」「純粋さ」「地元愛」を活かしたビジネスを展開してほしいです。
    何を売るとか、流行らせるとかではなくこの想いをもってモノづくりをしている農業、工業、商業人を誇らしくPRできるような県になってほしいです。

    Answerは純粋な地元秋田企業です。本社ももちろん秋田。スタッフも皆秋田人(8名)。

    Answerの家づくりは秋田に住む人の為に秋田の人が設計し、秋田の人がコーディネートし、秋田の職人が作り上げます。都会らしさ、近代的とは違った温かさや人らしさが私たちの造る家にはきっとあると思います。

    家づくりは人と人です。Answerには秋田の人が住む人の家を心から考えることができるスタッフがいます。もしAnswerが規格化されている住宅で型にはまったプランやコーディネートしかできないなら、私は堂々とこういうことは言えません。

    Answerには手仕事に誇りをもっている職人がいます。お客様の為に少しでも良くなるように妥協を許さず、考えをぶつけ合いながら作り上げます。

    そんな秋田人が造ったNewモデルハウス「平屋暮らしが叶う木の家」が保戸野桜町にオープンします。間取りやプランニングはもちろん田中が描きました。そして使用するフロアは三浦が決めました。そのイメージに合わせて畠山と一緒にコーディネートを考え、いつもの職人と一緒に作り上げました。何か新しいものとも思ったのですが今までのいいところをアレンジしたり、使い方を見直してみたりと素材使いを楽しんでみました。
    9月1日(土)10:00~OPEN ぜひお越しください。

    金農野球が全国に感動を与えてくれたこの夏、私がAnswerでずっと家づくりをしていきたいと思っている心の原点も少し分かった気がします。

    とはいうものの、息子の発熱で何日かお休みをもらっているので月末の請求書の処理が遅れているなど…と内心焦っていてあまり余裕がありませんが、お昼寝中のわが子を見ながら早く熱が下がって元気になって欲しいい…と願いながらのBlog作成でした。