STAFF BLOG

  • メダルラッシュ!

    2018.02.12|ブログ

    “ガンバレ、ニッポン!”@竹萬です。

    今日は一番気合の入る日でした、平昌オリンピック。

    なぜならスキージャンプ女子ノーマルヒルが行われる日だったからです。

    先日のブログでも書いた通り、私が個人的に一番注目していたのが「高梨沙羅」選手。

    実は彼女に“谷(田村)亮子”選手が重なって見えて仕方がなかったからです。

    谷選手は“金メダル確実”と言われながら、オリンピックで金メダルに届いたのは1992年バルセロナの銀、1996年アトランタの銀を経て、3回目の2000年シドニーまで待たなければならなかったからです。

    そんな”ジンクス”を払しょくするためには2度目の今回、ぜひとも金メダルへ、と期待していたのですが…。

    結果は銅メダル。素晴らしい結果です!おめでとうございます。4年間の努力は報われたのだと思います。でも今シーズンのW杯の結果の通りになってしまいました…

    きっと高梨選手はまだまだ選手生活を続けてくれることと思います。であればこそ、谷選手と重なるのです。つまり次こそは金メダル!次の北京大会でもまだ25歳ですから。

    それよりも“えっ!?”だったのがスピードスケート1,500mの高木美帆選手です。今期W杯4戦4勝。個人的には今大会金メダル第1号だと思っていたのですが…

    最終組での滑走、目標タイムを意識して滑れる、ということからすれば、今シーズンの結果からすれば、間違いないはず。でも…

    結果はわずか0.2秒差の銀メダル。残念…。

    でもおめでとうございます!日本の女子スピードスケートでは史上最高の成績なのですから!

    4年前ソチオリンピックでは代表漏れしたところから這い上がってきたのは本当にすごいと思います。

    今大会を最後に現役引退を決意をしたという記事も目にしました。

    でも彼女にとっては1,000m、そして団体パシュートとまだメダルを目指せる種目が残っています。

    次こそ!と期待をしています。

     

    と言っているうちに行数が過ぎてしまいました。

    仕事の話はまた次回に…