STAFF BLOG

  • 『設え』の心

    2015.12.24|ブログ

    Answer@竹萬(ちくま)です。

    12月も残すところ一週間。今日はクリスマスイブです。1年の経つのは早いものですね。



    モデルハウスでお客様とお話ししていると、よくモデルハウスにおいてある家具や飾りつけについてお褒めの言葉をいただきます。「ステキ」「カッコいい」「似合ってる」その言葉は様々ですが大変ありがたいことです。



    Answerの家は自然素材の家。つまり使われている素材そのものが魅力的です。そんな素材で作られているのですからできあがった空間も魅力的です。

    しかしその魅力をより一層引き出すためには様々な工夫が必要です。その最も効果的なものの一つが家具を置くことでしょう。またさらに小物や植物などを置けばその効果をもっと大きくする事ができます。

    ですからAnswerの完成内覧会ではわずか2日間の開催にもかかわらず、ソファセットやダイニングテーブルや椅子を運び込み、たくさんの小物や植物を持込み飾り付けるのです。

    時には完成内覧会の開催できないお家でも、その完成写真を撮る為だけに家具を入れたりすることがあります。19日のブログに出てくる『絆を深める家』でもあの2階リビングの完成写真を撮る為だけにダイニングテーブルを持ち込みました。


    ここにはAnswerの一つのこだわりがあります。

    『設える』

    “しつらえる”と読みます。

    辞書を引くと「1 こしらえ設ける。備えつける。2 部屋などを整え、飾りつける。」などの意味が出てきます。

    こ の言葉を使う時は、単純に「飾り付ける」というだけの意味では使いません。その言葉の裏には、「お客様をもてなすために、設備や家具などを含む場や空間の ありかた、置かれた器や小物、そして心配りに至るまで、お客様の好みに応じてセッティングする」という意味が込められています。


    そうなのです。Answerの飾りつけは『設え』の心をもって行われているのです。


    そしてその最たるものはやはりモデルハウス。

    先日来お知らせしている通り、大平台モデルハウス「小さな木の家」は来年1月11日で公開終了。ご覧いただけるのは今週末そして1月9日~11日の5日間のみ。「小さな木の家」での『設え』の心をご覧いただける機会もあとわずかです。

    年末のお忙しいところとは思いますが、ご来場お待ちしています。