STAFF BLOG

  • 初めての建て方現場

    2018.05.31|佐々木(静)

    こんにちは!
    佐々木(静)です。

    先週で、御所野モデルハウス「森休みの家-Stage Villa-」の内覧会が終了しました。
    このモデルハウスは私が入社して、初めて現場を見学した家です。
    去年の今頃は、みんなで飾り付けや準備をしていたなと思い出します。
    秋田流儀のイベントでの受付も担当していたので、特に思い入れがあるモデルハウスでした。
    新しいお施主様に引き渡す嬉しさの反面少し寂しい気持ちです。
    今、着々と引渡しの準備に取り掛かっています。


    先日、建て方の現場を見に行ってきました。
    ちょうどクレーン車が入っていて、クレーン車を間近で見る事ができました。
    大きなクレーンを自由自在に操り、大工さんのところまで木材を運ぶ姿、
    大工さんがプレカット材を建てていく姿が印象的でした。
    また初めての事が一つ減りました!



    ちなみにこの現場は今Answerで人気のある「平屋感覚の木の家」の
    NEWモデルハウスなのです!
    今から完成が楽しみです(^^)
    これからも写真を上げていきたいと思います。

  • 森休みの家

    2018.05.28|三浦

    5月もあっという間に終わってしまいますね。今が一番爽やかな季節です。みなさんお休みの日はどのようにお過ごしでしたか?

    昨日一昨日の2日間、第二展示場「森休みの家 -Stage Villa-」の最終内覧会を行いました。

    先日ご紹介した通り、“嫁入り先”が決まったことを受けて最後のご案内となったわけです。

    (なんと変わったお客様もやってきました。『雉(キジ)』です!)

      

    昨年6月10日、「秋田流儀」のAnswerモデルハウスとしてオープンして以来、それこそ何百組のお客様にご覧いただいたことでしょう。大変ありがたいことです。

     

    第一展示場「土間のある木の家 -Stage GIFT-」の落ち着いたコーディネートとは対照的な明るく爽やかなコーディネート。

    “ウッドデッキってこんな風に使うんです”という提案に溢れたデッキ&小屋スペース。

    道路の向こうに広がる自然いっぱいの風景を取り込んだ2階のタタミコーナーetc.

    (最後のご紹介なので、私の撮った写真でご紹介してみました…)

    数々の「これこそAnswerの家」、と言えるポイントが詰め込まれたモデルハウスでした。

    これで皆様にご覧いただく事は出来なくなってしまったわけですが、その姿はHPで引き続き公開していきます。ぜひそちらもご覧ください。

     

    さてしばらくご無沙汰しておりました完成内覧会も、次回は仁井田 「ナチュラルに暮らす家」で6月23日(土)・24日(日)に開催決定!ただ今完成に向けて着々と工事は進んでいます。

     

    また新たな“第二展示場”を秋田市保戸野に建築中!

    こちらは今秋オープンを目指しています。楽しみにお待ちください。

    三浦でした。

  • 森休みの家 最終内覧会開催

    2018.05.22|畠山

    昨年の6月にお披露目した森休みの家-Stage Villa-。
    いよいよ最終内覧会となりました。


    壁面をレッドシダーで仕上げたラフな遊び心が満載のシューズクローク。

    風の声と緑の息吹を部屋いっぱいに感じられるリビングダイニング。


    気配で会話する優しい距離感のキッチン。

    時間の流れさえゆったりと感じられる、居心地のいい上質空間の畳コーナー。


    温もりが感じられる外壁の塗り壁、180度回転する木製トリプルサッシ、
    オリジナル造作洗面化粧台や無垢のドアなど、Answerの標準仕様が満載の森休みの家は
    5月26日(土)、27(日)が最終公開となっております。

    無垢のフロアやタイルなど実際に見て触れて感じて、インテリアのご参考に、
    また、ちょっと贅沢な空間を満喫しにお気軽にお越しください。


    ご予約不要の内覧会となっておりますのでAnsewrでの家づくりのヒントを見つけに、
    是非ご来場ください。

    開催場所:秋田市御所野堤台2丁目
    開催日時:5月26(土)・27(日) 10:00~17:00


  • 「チーム力」

    2018.05.21|佐々木(博)

    メンテナンス担当の佐々木です。

    昨日は工務部の定休日だったので、実家の田植えを手伝ってきました。 天気も良く、田んぼからは綺麗な鳥海山を見ながら作業してきました。

    田植えの作業は、いつも同じメンバーで行っていたのですが、今回は田植え機の操縦士が体調を崩してしまい、別の方にお願いしていました。

    やはり初めて作業する田んぼだと、苗の植わり方や敷地に対しての走行ルートなど確認しなければならない事が多くあるので、時間が掛かってしまいます。

    私たちも作業のタイミングもいつもと違ってしまい、丁寧に作業を進めた事も相まって例年よりも1.5倍近い時間が掛かってしまいました。

    いつものメンバーであれば、それぞれが次に何を行うか。どこの作業が手が足りていないかなどを判断して動く事が出来るのですが、初めてのチームだとなかなかスムーズにはいかないものですね。

    家族の手伝いをしながら、改めて「チーム力」の大切さを感じる事ができた、有意義な休みを過ごすことができました。

  • 嫁入りが決まりました

    2018.05.13|三浦

    ご無沙汰してしまいました。三浦です。

    GWにはたっぷりとお休みをいただきリフレッシュ。10日から再スタートしました。

     

    さてこの度Answerの第2展示場「森休みの家-Stage Villa-」がお嫁入りする事が決まりました。

    昨年6月“秋田流儀”の展示場としてオープン。以来10月の会期中はもちろん、その後もたくさんのお客様にご覧いただいてきました。

    テーマとして定められた「自然素材でつくる」「ウッドデッキをつくる」「家庭菜園をつくる」「緑豊かな外構にする」という共通テーマを対してAnswerの出した答えがこのモデルハウス。

     

    「自然素材でつくる」のはAnswerにとっては当たり前のこと。今回はフロアに1階はヒッコリー、2階はあずみの赤松という初めての素材を使い、第1展示場「土間のある木の家-Stage GIFT-」とは違う明るめのコーディネートを基調にしました。

    階段を上がりきったところに設けた畳敷きのフリースペースとそこにはめ込まれた2.2m×2mの大きなFix窓が作る出す空間は、“風景を取り込む”Answerなればこそ、のプランニングです。

    そして特徴的なのはウッドデッキ。

    一般的にはなんとなくついているという感が否めないウッドデッキですが、ここではその使い方を徹底的に考えご提案するためのウッドデッキを作りました。

    しかも本体と屋根続きの小屋も設置。時には趣味部屋として、また物置として、思いのままに使えるスペースです。

    お嫁入りする先のご家族も、今からこのウッドデッキでバーベキューなどをして過ごすのが楽しみでならないようです。

     

    というわけで、「森休みの家 –Stage Villa-」の最終内覧会を5月26日(土)・27日(日)の2日間開催いたします。

    まだご覧になってない方も、もう一度見ておきたいという方も、これが最後のチャンスです。

    お待ちしております。