STAFF BLOG

  • 今週末は内覧会へ

    2018.07.17|三浦

    三浦です。

    先日、今週末に開催される、大町「にぎわいstage」の飾り付け・写真撮影に行ってきました。
    完成内覧会を開催する際には、それぞれの家に合わせた家具を置き、更に小物や食器などを
    使って飾り付けを行っています。

    「飾り付けは16・17年前からやっているから小物も、やっぱりどんどん増えていくね」という話を
    しながら作業をしました。

    当初は、飾り付けの雑貨等も少なかったのですが、少しずつ増えていき、今ではたくさんのプラスチックのケースに色々な種類の小物が入っています。


    これから家を建てるお客様が内覧会に来場した際に、自分の家の完成をイメージ出来るように、
    自分の家はこんな感じにしたい等想像を膨らませやすいように、
    また、少しでも何かの参考になるといいな、という思いも込めて作業を行っています。

    ぜひ楽しみながらごゆっくりご覧下さい。

    「にぎわいStage」は、ひと味違う雰囲気の家になっておりますので、
    また違うAnswerの家を体験できると思います。
    ・ビルドインガレージの家
    ・階段図書館
    ・大きな造作ソファ
    ・LDKから繋がる小上がりの階段
    ・2階をぐるりと周れる動線
    ・広々としたキッチン作業スペース
    ・造作の造り付けの机や棚
    ・要所要所に設けた収納スペース
    etc・・・

    今回もたくさんの見どころがありますので、ぜひ遊びにいらして下さい。

    内覧会をご希望の方は地図が掲載されているダイレクトメールをお送り致しますのでお問い合わせフォームにてご連絡を頂きます様、よろしくお願い致します。

    たくさんのご来場をお待ちしております。

  • 飾り付け隊出動!!

    2018.07.14|佐々木(静)

    こんにちは!

    佐々木(静)です。

    最近天気が悪い日が続いていますね。
    休みの日になると、いつも天気が悪くて思うように行動できなくて困ります。

    先日は地元のお祭りもあったのですが、夜から天気も落ち着いたので無事に決行されました。
    地元のお祭りの日になると夏が来たなと実感します。

    昨日は来週末に開催される完成内覧会「にぎわいstage」の飾付を行ってきました。

    ビルドインガレージで2階が主な生活スペースになっています。

    (※ここからは劇的ビフォーアフターの完成時のナレーションを
    想像してお読み下さい)

     

    玄関から入っていき一つ目の部屋には壁にレッドシダーが施されており、入った瞬間木の温もりが感じられます。

    階段にはAnswer定番の階段図書館のお目見えです。


    2階に上がると広いLDKとなっており、大きな造作ソファも設置されています。
    広々としているので人数が多くてもゆったり座れますね。


    なんということでしょう


    キッチンから脱衣室までも一直線!ぐるりと周れる動線も生活しやすい造りとなっています。


    子供部屋には造りつけで机・棚が設置されているので、新たに勉強机を購入しなくても大丈夫です!
    各部屋にはニッチも付いていて形が違ったり、タイルの種類も違ったりと見応えがあります。


    脱衣室の隣には、大きなファミリークローゼット。
    家族みんなの洋服を収納でき、洗濯物も収納する時に楽ですね。

    子供部屋・バスルームに行くところは小上がりの階段にもなっていて、LDKから繋がっては
    いるけれど、別空間という雰囲気が出ているようにも思います。


    今回の飾付は4人で出動しました。
    最終確認をしながら片付けを行っていたのですが、ふとキッチンの方をみると 

    おや?

     

    これは鍋ではありません・・・・・
    いったい誰が・・・

    犯人は三浦でした。

     
    「誰か気づくかなと思ってさ」と言っておりましたが、きっと三浦は鍋だと思って置いたに違いない。とひそかに思った一幕でした。

    今回は子供部屋にAnswerのオーナー様の写真も掲示させて頂いております。
    お引渡をしてからどんな暮らしをしているかも是非ごゆっくりご覧になって下さい。


    7月21日(土)・22日(日)10:00~16:30開催致します。
    内覧会にご希望の方は「お問合せフォーム」からご連絡をよろしくお願い致します。
    ※Answerでは、お客様のご迷惑になるようなご訪問活動や電話連絡は一切行っておりません
    のでご気軽にお問合せ下さい。

    たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしております(*^^*)

  • 「自分の家」

    2018.07.12|佐々木(博)

    メンテナンス担当の佐々木です。 

    暑かったり寒かったり、不安定な天気が続いてますが体調を崩されてはいませんか?
    最近は、地縄張りや遣り方など外での作業が多いので天気予報とにらめっこする事が多くなりました。お互い、体調管理には気を付けましょう(笑)

    先日、2年点検であるお施主様の家に伺ってきました。
    桜台のモデルハウス「土間のある木の家」を気に入って頂き、間取りも参考に建てていただいた方でしたが、実際に住まわれているとモデルハウスとは印象がだいぶ変わって感じました。
    シックで落ち着いた雰囲気を残しながらも、お施主様の色に染まっているように思えて・・・これこそ「自分の家‼」だと感じました。

    特にこだわった外構工事や草花のお手入れで、いまでも近くを通る方が立ち止まって見に行くそうです。
    私たちAnswerが携わった家が、お施主様が住んでドンドン変化していく様子を感じられるのも、私の点検の楽しみです。 


    そして、また1棟新しい家が完成します。

     7/21・22 大町「にぎわいstage」で完成内覧会を開催いたします。
    ビルトインガレージを盛り込んだ、見どころがとても多い内覧会となります。
    随時、新しい情報を更新していきます。

    楽しみにお待ちください。

  • ウォールナットフロアがお目見え

    2018.07.09|三浦

    三浦です。

    天気予報の雨マークが曇りマークへ変わり少しほっとしています。
    先日の雨の被害ですが、時間がたつにつれて大変な状況が伝わってきています。
    被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。


    さて、今日は来週末に内覧会を開催する「にぎわいStage」のクリーニングが行われている
    と言うことで現場へ行ってきました。
     

    床の養生材がはがされ、LDKのウォールナットフロアがお目見えとなりました。


    Answerは無垢パインフロア材が標準仕様となっておりますが、その他にも床材を
    セレクトすることが可能です。

    例えば、桜台モデルハウス「土間のある木の家」では、硬くて木目がはっきりとした“オークフロア”を採用しております。こちらのオークフロアは3色の中からセレクトできるんです。



    森休みの家で初めて採用されたのが“ヒッコリーフロア”と“あづみの松フロア”。
    ヒッコリーは、重硬で強度に優れており衝撃吸収力が高いことからドラムの
    スッティクにも使用されるそうです。











    あづみの松は長野県産のあずみの赤松となっております。幅広く節がないため
    赤松本来の木目の美しさが落ち着いた雰囲気を醸してくれます。


    現在建築中の「平屋暮らしが叶う家」は“アルダーフロア”を採用しました。
    アルダーは大人しい木目の木となっており、広葉樹の中では比較的柔らかく、
    素足であるくと、とても気持ちいいです。











    私が好きなので、ゲストハウスfunの私の打ち合わせルームの床材も
    アルダーに変更してもらいました!

     そして、今回「にぎわいStage」で採用されたウォールナットフロアは
    世界三大銘木のひとつで、最高級の木材とも言われております。




















    木目の美しさ、深みのある色合いが重厚で高級感のある空間をつくってくれます。
    内覧会では久々のお目見えとなりますので、皆様楽しみにいらして下さい。 

    セレクトする床材でもお家の雰囲気がガラッと変わってきますので、
    是非家造りの参考にして下さい。

    ■■■■■■■■■■■■■■OPEN HOUSE■■■■■■■■■■■■■■
    日時:7月21日(土)22日(日)10:00-16:30
    場所:秋田市大町

    ※Answerでは内覧会へのご案内は、招待状ハガキの郵送とさせていただいております。
     招待状ハガキをご希望の方は、のお問い合わせページからお願いいたします。

  • 暮らしを愉しむ

    2018.07.06|利部

    こんにちは。利部です。
    梅雨のこの時期、今年は特に“雨”に工程を振りまわされています・・・
    梅雨明け宣言が待ち遠しいです。

    梅雨なので洗濯ものもなかなか乾かないので、今まで夜にやっていた“洗濯”を朝に変えてみました。寝る前にタイマーをセットして朝起床の時間に出来ているようにすると朝もスッキリ「洗濯干さなきゃ!」と思って起きるようになり、いつも邪魔してくる子供は夢の中だし、昼の時間帯に乾燥し、いいこと尽くめだということにやっと気づきました!ちょっとの変化で生活スタイルは変えられますね。

    Answerの家はこの梅雨の時期“ジメジメしない”とうお客様の声がとっても多いです。私も実際住んでいてそう思います。自然素材の床(無垢のフロア)呼吸性がある壁紙、木でできた断熱材などいろいろな要素が重なって快適さが保たれます。
    梅雨時期のAnswerの家モデルハウスを体感してみてください!←土間のある木の家StageGIFT

     

    6月中旬の話ですが、今年も我が家のジューンベリーの木に沢山の実がなりました。

    築8年の我が家(もちろんAnswerの家です)は建築した年に3本の樹木を植えました。
    植えてから5年くらいたった年から、ジューンベリーの木に実が実るようになり(植えたときは実がなるのは知らなかった)ブルーベリーのような大きさで味はサクランボのような甘くておいしい実が今年も沢山出来ました。ジューンベリーは耐寒性・耐暑性がありなかなか育てやすい樹種なようなのでおすすめです。

     

    我が家の庭はそんなに手を加えられていませんが、お花を植えたり、野菜を植えたり、家族で季節を愉しみながら暮らしています(雑草もすごい勢いで伸びますがいいことにしてます)

    ↓これはちょっと前の写真です(小さい息子!!)

    私の兄姉もAnswerの家でそれぞれ愉しみながら暮らしてくれています。
    お花の好きな姉はウチと同じ草花を植えたのにセンスが良く何十倍も素敵な玄関先になっています。植えた植物の種を収集してまた種から育てるという徹底ぶりに感心しています。

    DIYが好きな兄は、花壇にかわいいフェンスを作ったり、外の立水栓にオリジナルのカバーを作ったそうです。

     

    中学生になる甥っ子は果物を育てるのが好きで、自分で育てたイチゴを収穫して喜んでいます。

    お料理好きの義理姉はお友達家族を招きパーティーをして楽しんでいるようです。
    映えるしおいしい義理姉の料理!!

    「完成した瞬間だけが美しい家をつくってはいけない」というのがAnswerの家づくりの理念です。

    住まう家族が愛着を持って長く愛される家で、家具をセレクトしたり、雑貨を飾ってみたり、お花を植えてみたり・・・手を加えながらそれぞれの家族の色に家になっていくことが 他とは違うAnswerの家での暮らしの価値観ではないかと、兄姉の生活ぶりをみていて感じます。

    これから家づくりを考えている方。建てるまでが家づくりではなく、建ててからの“暮らし”を愉しむためには、どんな家がいいのかと考えてセレクトしてみてはいかがでしょうか。

    大平台にある ゲストハウスFunでは 施工写真、さまざまなプランなど数多くご用意しております。
    相談までは・・・という方でも「家づくりのはなし」をざっくばらんにしてみませんか?
    いつでもご予約お待ちしております。GuestHouseFun