STAFF BLOG

  • 「海の見える高台の家 A様邸」お引渡し

    2018.10.04|三浦

    三浦です。

    本日は「海の見える高台の家 A様邸」のお引渡しでした。

    夏には男鹿の花火がすぐ正面に見える、見晴らしのいい高台の敷地に建築しました。



    Answerの家を見学にきていただいたきっかけは、奥様がAnswerオーナー様の同僚と言うこと、
    ご主人の叔父がまさかのAnswer大工の棟梁だったと言うこともありAnswerでの打合せが
    スタートしました。

    何か最初から親戚みたいな雰囲気で、楽しく打合せをさせていただきました。

    畳敷きのリビングはゆったりとくつろぐ空間に



    ご主人が釣ってきた魚を、自らさばいてふるまうカウンターには奥様こだわりのタイルを



    2階に設けた3つの洋室はどの部屋からも海が臨めます。奥に見えるのは叔父さんの手作りの勉強机。



    楽しみにしていたウッドデッキでのバーベキューがもうすぐ叶いますね


    本当に仲の良いご家族なので、これからも笑い声が絶えない楽しい時間を
    Answerの家と共に過ごして下さい。

    A様、これから末永いお付き合い宜しくお願いします。

  • 取材にいってきました!

    2018.09.27|利部

    こんにちは!利部です。
    すっかり秋らしくなり、少し肌寒い季節になってきましたね。
    今日は秋田の雑誌JUUの取材で2017年にお引渡しをしたH様宅に訪問してきました。
    雑誌JUUは住んでいる方のありのままをこれから建てる方たちに見ていただきたいというコンセプトで発行している雑誌なので、Answerの家に住んでいるお客様にご協力をお願いしましたところ、快く取材に応じてくださいました。

    取材にいらしてくれた編集さんとカメラマンさんも入った瞬間「おー!!」と声をあげるほど、お家の中はセンス良く飾られ、生活のものもきっちり整理されておりました。
    そして1年半ぶりに会うH様も「利部さん久しぶりだね~」と以前とと変わらず温かく迎えてくださいました。

    1年半のAnswerでの生活ぶりや、今になってAnswerで建てることを決めた理由、住んでみてよかったことなど、いろんなお話を聞かせてもらいました。

    家づくりのきっかけは、ご長男が1年生になる前、お友達が家を建て始めたことがきっかけだとのことでした。「最初はAnswerは高いイメージで私たちには合わないのかなと思っていたのですが、Answerで建築したご友人の勧めで初めて桜台のモデルハウスに行ったとき”ドキドキが止まらなかった”のを今でも覚えています」とのことでした。プラン・素材などすべてに衝撃を受けて興奮して帰り、そこから本格的に土地探しの相談を始められました。
    高いと思っていた会社ではあったものの、話を聞くと標準仕様に使われている断熱やサッシなどが他社ではオプションだったりしていたのでそんなに高くないなと思ったそうです。
    営業さんには何度もプランを考えてもらい、最後には今のプランに納得し決めていただいたという話も今ではいい思い出ですね。


     
    ■Welcomeニッチのお花はお庭で咲いたお花を生けたもの。花器も小物もセンスがいいです。


    ■一年半の間にこんなにきれいにお庭をDIYで作られて素晴らしいです!春にはお花が沢山でとってもかわいいお庭になるそうです。

     

    来客が多くホームパーティーでお友達がたくさん集まるH様邸は、建築計画中からたくさんの人が来ても窮屈なく自由に過ごしていただきたいと考え、大きな天板のキッチンにオリジナルの収納を作りました。どのように使っているか…と引き出しをあけさせてもらうとお客さんがお皿やグラスを自由にとれるようにや、子供たちが進んでお手伝いの出来そうな工夫もしっかりとされておりました。


    ■オリジナル造作キッチン。すっきりとした収納でかっこいいです。私の中でもたくさん念密に打ち合わせした思い出深い自慢のキッチンです。


    ■2階のリビングから見る公園の木々が四季の美しさを彩ってくれるそう。だけどこんなに大きいのに暑くもなく寒くもなく木製サッシの断熱性にびっくりされたそうです。

     


    ■リビングから続くウッドバルコニーはお外ごはんを愉しんだり、ご夫婦でお酒を飲んだりと、お気に入りの空間になっているそうです。

     


    ■お家の中にはたくさんのグリーンが活き活きと育っておりました。Answerの家だから緑も似合うんですよ。と奥様がおっしゃっていましたがいろんな空間を利用して上手に飾ってくださっていました。

     

    なかなかお引渡し後に施主様とお会いする機会が少ないので、Answerの家に住んでみて、あたたかく涼しくとても快適です。というお言葉をお聞きできうれしかったです。また住んでからAnswerの標準仕様に選ばれている断熱やサッシ、換気やすべての素材もAnswerが選んでいる意味を実際住んでから感じましたとのこと。建築当初はここまで必要なのか?と思ったことも住んでみるとAnswerの社長がこだわって選んでいるこの素材の気持ちの温かさが伝わってきますとのことでした。
    家づくりの考えをまげないAnswreのこだわりが満足して暮らしてくださるお施主様へ伝わっていることを誇らしく思いました。またアフターメンテナンスをやってくれている佐々木くんもしっかり対応してくれていると、お褒めの言葉もいただきました。
    H様ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
    雑誌JUUは12月発売予定です!お楽しみに!

     

  • つながり

    2018.09.25|三浦

    三浦です。

    本日、大仙市の「ひとつながりの家」のお引渡しをさせていただきました。
    無垢材が好きなご主人のご要望通り、ふんだんに無垢材を使用しております。

    お菓子作りが趣味の奥様には、打合せ時に手作りの美味しいチーズケーキの
    差し入れもいただきました。ありがとうございました。

    S様との出会いはAnswerで建築する方からのご紹介でした。

    家を建てるのは初めてのこと。身近に相談できる人がいると安心できるし、同じ悩みを抱えている家造りの先輩から話を聞くことが一番近道なのかもしれません。

    2世帯で住まわれる「ひとつながりの家」。
    これから新居でご両親と一緒に暮らすことなりますが、家族の距離感がちょうどよくつながる。
    そんな想いから「ひとつながりの家」と名付けさせていただきました。
    S様、これからも長いお付き合い宜しくお願いいたします。

    S様邸のほんの一部ですがご紹介させていただきます。

    【オークフロアを採用したLDK。人気の階段図書館を採用しました。】


    【S様の使い勝手を考えたオリジナル背面キャビネット。】


    【お施主様支給のペンダントライトが可愛らしいオリジナル洗面化粧台】


    【旦那様の趣味部屋。壁は小物をフックで飾れるように有効ベニヤで仕上げました】

     
    先日、由利本荘市で建築予定のO様との打合せがありました。
    他社も検討されていたのですが、Answerで建築していただけることとなりました。
    決めてをお伺いしたところ、Answerで建築した方からの「声」を聞いて「ここにしよう」
    と決めていただけたようです。
    O様、引き続き宜しくお願いいたします。


  • 目指せ!陶芸家

    2018.09.21|畠山

    すっかり、趣味の陶芸にはまっている畠山です。

    初めて電動ろくろを使い、大工さんに頼まれていたちょっと大きめのお茶碗をつくりました。

    次は利部用に一輪挿し用の花瓶に挑戦したいと思っております。
     
    最近は趣味をもったおかげで、仕事の時間とプライベートの時間をうまく使い分けが
    できるようになってきました。
    以前は「自分の仕事が終わった時が終わった時」と言う感じで、(仕事が好きなこともあり)
    残業しながら先の先の仕事までこなして、あまりプライベートの時間と言うのを意識したことが
    ありませんでした。

    ですが、陶芸にはまってからは毎週木曜日は18時には仕事を終えて帰るという流れができ、
    仕事の先回りを意識し「チェックを早めにお願いします」と他のスタッフに声を掛けたり
    逆に「陶芸あるから早く帰りな」と声をかけてもらったりしています。

    趣味をもてたおかげで自然と自分なりの「働き方改革」ができ、仕事もプライベートも充実
    しているのを実感しております。

    ————————————————————————————————
    保戸野モデルハウス”Stage +one「平屋暮らしが叶う木の家」”は明日22日(土)
    OPENしております。
    尚、23日(日)、24日(月)は定休日のためCLOSEとさせていただきます。
    桜台モデルハウス「土間のある木の家-Stage GIFT-」は今週末はCLOSEとさせていただきます。

  • 秋と言えば・・・

    2018.09.13|佐々木(静)

    こんにちは!
    佐々木(静)です。

    だんだんと肌寒い季節になってきましたね。
    日が落ちるのもあっとゆう間に早くなり、もう秋の空です。

    先日、撮り溜めしていたドラマをみていたらそのドラマの中で、

    「人を幸せにする力というのは、年をとっても価値が下がる事はない」

    という言葉が耳に残りました。
    Answerの家も年を重ねて、木の色の変わっていく変化の楽しみなど年月が経っても、
    住んでいる人を幸せな気持ちにする家だと思います。

    家をお引渡しした日が、その家の誕生日になると思います。
    お施主様にはその日から、我が家と一緒にたくさんの思い出を作っていって
    頂けたらと思います。

    ドラマには他にも素敵な言葉が出てくるので、ついついそのドラマの原作となった小説を
    買ってしまいました。
    秋と言えば読書の秋!!ということで、徐々に読み進んでいきたいと思います。


    9月になり、新モデルハウスの展示場がOPENしました。
    たくさんの人たちにご来場いただいております。
    ありがとうございます。


    保戸野桜町「平屋暮らしが叶う木の家」は毎週土日OPENしています。
    ※9月23日(日)は祝日の為、お休みとさせていただきますのでご了承ください。

    TOPページから飛んで頂くと地図も記載されておりますので、ぜひ遊びにいらして下さい。
    一度ご来場していた方も何度でも遊びにいらして下さいね。
    お待ちしております。