STAFF BLOG

  • 資金計画

    2016.02.13|ブログ

    Answer@竹萬です。

    先日プランのお話をした中で、一番大きい制約は予算である、ということを申し上げました。その予算、どのように決めていけばいいのでしょう。

    よくご予算の話になると「○○万円くらいで考えています。」とおっしゃる方がいらっしゃいます。しかしその中身をお聞きするとしっかりした根拠をお持ちの方というのは案外少ないように感じます。

    「同年代の会社の同僚がそれくらいで建てたから。」とか「一般的にそれくらいでしょ。」とか「なんとなく。」という方まで様々です。

    予算を組むのには実に色々な要素があります。

    まず土地をお持ちなのかどうか。土地を購入することも考えていらっしゃる方であれば当然土地代も含めなければなりません。

    土地をお持ちの方でも、そこが更地なのか、それとも建替えの予定なのか。解体工事費はどれくらいかかるのか。測量図はあるのか。境界ははっきりしているのか。上下水道の引込はあるのか等々。費用のかかることはいくらでも出てきます。

    こんな風に、その他のことについても、つまり建物のことや外構工事等の付帯工事のことや諸費用や税金のこと等についても、確認しておかなければいけない要素は山のようにあります。

    これ以外にも他に借りている車等のローンのこと、さらには新居に合わせて購入する家具家電のことまで考える方もいらっしゃいます。

    これだけのことをご自分の力だけで解決できる方はなかなかいらっしゃらないと思います。

    ですから家を建てたい、と思ったらぜひ我々にご相談ください。最新の情報と今までのお客様との経験をもとに最も適した資金プランをご提案します。

    理想の住まいを考えたとしても、さらにそれに見合った資金プランをご提案しても、実際に資金が調達できなければ、絵に描いた餅、になってしまいます。ですからここから更にもう一歩踏み込んで金融機関の事前審査を受けてみましょう。
    もちろん審査手続きのお手伝いも含めて対応させていただきます。

    ここまで行けばあとは何の心配もなく新居の計画を進めることができますから。

    思い立ったらお気軽にご連絡ください。じっくりお話ししましょう。

    さて明日も 能代市 想いの溢れる家 の完成内覧会を開催します。
    今日もたくさんのご来場がありました。
    明日もお待ちしております。

     

  • “想い”を形に

    2016.02.12|三浦

    三浦です。

    いよいよ明日、明後日は、能代市 想いの溢れる家 の内覧会です。準備万端整いました。ご来場お待ちしております。

    さてこれに先立ち、先日施主のU様と完成立会を行いました。

    ここでも話題は「あったかいですね~!」

    当初吹き抜けがあるので、「本当に大丈夫でしょうか…」と半信半疑でいらっしゃっただけに安心されたようでした。

    160212blogphoto1

    さてU様との事を振り返ってみると…

    “想いの溢れる”U様でしたので、プランについても何度も打合せをさせていただきました。“想い”をうかがってはそれをプランに反映し、を何度も繰り返しました。そうしてお互いにその“想い”を十分突き詰めた結果、最初にご提案したプランに戻ってきました。

    160212blogphoto2

    キッチンもWoodone(ウッドワン)製を選ばれました。これも秋田にはショールームがないので、わざわざ盛岡まで出向いて確認なさったとの事。

    160212blogphoto3

    照明器具もU様自ら手配なさったものがたくさんあります。(これは是非会場でご覧ください。)

    こんな“想いの溢れた”U様邸。HPや現場ブログをご覧になった能代に建てていただいたユーザー様(こちらのお家も以前完成内覧会をさせていただきました。)からも「必ず見に行きますから」とわざわざご連絡をいただきました。

    想い“を形にする、ってどういうことだろう?

    興味のある方は是非足を運んでみてください。何かを感じていただけることと思います。

    ご来場お待ちしております。気を付けておいでになってください。

  • あったかい床

    2016.02.08|ブログ

    Answer@竹萬です。

    “ある日”から何だか色々なことが気になりだして、少しずつ今使っているツールを見直したりしています。ホームページもリニューアルしたことですし、それに合わせて社内も脱皮中!?今週末の内覧会にご期待ください。

    よく出る質問に、

    「床が暖かいですが、床暖房入れてるのですか?」

    というのがあります。

    Answerでは基本的に床暖房設備を使うことはありません。

    なぜならご存じのとおりAnswerのフロアは無垢材です。無垢材に強制的に熱を加えると反ったり割れたりしやすくなると考えるからです。

    それでも暖かく感じるのは
    「Answerの無垢フロアは18~20㎜の厚みがありますから」とか
    「合板のフロアより空気層があるから暖まりやすく冷めにくいんです」(詳しくはこちら)
    などとご説明してきました。

    ところがこの週末、いつものようにこのご説明をしているとお客様がこんな行動を…

    飾ってある無垢フロアのサンプルと、比較用においてある合板フロアのサンプルに手を当てて、

    「本当だ、無垢の方があったかいや!」

    今まで考えたこともありませんでした!暖房された室内に同じように並べて置かれているサンプル材です。まさか触って暖かさに違いを感じるようなことがあるとは…

    私も確かめてみました。確かに無垢の方があったかい(と感じる)!

    (別の日にも全く同じ事をされたお客様がいらしたそうです。)

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    今回はお客様から教えていただきました。
    ご来場いただいたら試してみることをお勧めします。

    さて今週末は 能代市 想いの溢れる家 の完成内覧会です。
    お施主様の“溢れる想い”、ぜひ感じていただきたいと思います。

    ご来場お待ちしております。

  • マッチング

    2016.02.07|三浦

    三浦です。

    HPをリニューアルして1週間。皆さんも「変わったな」と思われたでしょうが、それは私たちも同じこと。私もようやく見慣れてきた感じです。

    昨日、先週の内覧会場だった旭川の「調和する家」をお引渡しさせていただきました。

    たくさんのご来場をいただきお褒めの言葉をいただいたのは、すでにご報告した通りです。

    今回建物のお引渡しとともに、オーダーしていただいていたダイニングテーブルも納めさせていただきました。

    160207blogphoto1

    お客様にご要望いただいたサイズで、ご要望いただいた材料で、ご要望いただいた色で、Answerで作らせていただきました。

    ダイニングにはキッチンカウンターから連続した造作の棚があります。それらととてもよくマッチングして、いい雰囲気で収まりました。

    家具屋さんで探しても思ったような色味やツヤのものがないという場合、よくあります。でもAnswerが普段から使い慣れている素材で作る家具ですから、そこのところのマッチングはバッチリです。

    M様にもご満足いただけたようです。笑顔の溢れるお引渡しとなりました。

    このダイニングテーブルでご家族がそろって食事をされている様子が目に浮かびます。

    M様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

    さて今週末13日(土)14日(日)は、能代市 想いの溢れる家 の内覧会です。天候も気になるところですが、無理せず安全運転でご来場ください。お待ちしています。

     

  • プランを磨く

    2016.02.05|ブログ

    Answer@竹萬です。

    さて先日ヒアリングのお話をしましたが、その後はいよいよプランニングです。お客様からヒアリングの際に確認させていただいたことを具体的なイメージにしていくわけです。

    その際には残念ながら思うがままにプランニングできるわけではありません。たくさんの制約があるからです。

    敷地の大きさ、形、高低差。用途地域、建ぺい率、容積率、斜線制限などの法規制。他にも数え上げればきりがありませんが、やはり一番大きいのは予算の制約でしょう。

    どのお客様も建物にかけられる予算は決まっています。その中でいかにご要望を満たしたプランをご提案するか、各社の腕の見せ所ということになります。

    そんな厳しい条件がありながら、Answerの場合はさらに高いハードルがあります。

    標準仕様です。

    Answerの標準仕様は一種類。予算を合わせるために木製トリプルサッシを樹脂サッシにしましょう、とか、モルタル仕上げをサイディングボードにしましょう、等という仕様の変更は行いません。

    するとできることは限られてきます。要は“プラン”です。

    如何にプランの無駄をなくすか、動線をコンパクトにするか、等々を徹底的に追求するのです。

    以前にもお話ししたようにAnswerにはたくさんの“引き出し”があります。そこから色々な道具を引っ張り出しては組み合せてみて、プランに磨きをかけていくのです。

    これは予算が厳しい場合ばかりではありません。余裕がある場合でも敢えてプランに磨きをかけて、無駄を省いて“小さく住まう”ことをご提案します。

    そうすることで、仕上げ材をグレードアップする、外構や植栽を充実させる、よい家具を揃える…。

    予算があるからといって単純に広さを求めるのではなく、建物の質を上げる、生活を豊かにする、健康に気を遣う、こんなことに予算を振り向けてみては、というご提案です。

    このように磨きに磨きぬいたAnswerのプランは、完成内覧会で体験することができます。

    興味を持っていただいた方は、ぜひ一度完成内覧会にご来場ください。

    次回は来週末 能代市の「想いの溢れる家」です。

    “お客様の”だけでない、“Answerの”想いも感じていただける内覧会になればよいなぁと思っています。

    ご来場お待ちしています。