STAFF BLOG

  • 内覧会前日

    2016.03.18|三浦

    三浦です。

    今日は明日からの桜台ニュータウン「こよなく木を愛する家」の完成内覧会に向けて、準備のために会場を出たり入ったりしていました。

    内覧会に間に合うようにと、夕方には施主のS様から寝室のマットレスを入れていただきました。

    ベッドを置かない寝室。

    今回のお家の見どころの一つです。

    160318blogphoto1

    そのパンフレット用の写真を撮りに行ったところ、ちょうどあたりが薄暗くなってきました。何とも言えない雰囲気の中、振り返ると家の中から明かりが漏れてきて、とても綺麗なんです。

    マットレスを届けて下さったS様ご夫妻が外に出ていらっしゃったので、しばらく時間の経つのを忘れて一緒に見とれていました。

    これからこのお家に住むのが待ち遠しくて仕方がない、といった様子のS様にお礼を言いつつ会社に戻ってきたところです。

    様々な工夫とお施主様の思い入れが目いっぱい詰まった「こよなく木を愛する家」。見所満載です。

    公開は明日19日と明後日20日の2日間のみ。お見逃しのないように、ご来場ください。

    最後に新居を会場にご提供いただいたS様。「今までたくさん見せていただいた分、どうぞ我が家も使ってください。」とおっしゃっていただいたこと、心より感謝いたします。

    ありがとうございます。

    160318blogphoto2

     

  • 初挑戦

    2016.03.17|ブログ

    Answer@竹萬です。

    今日の秋田市の最高気温は13.6℃だったそうです。
    いよいよ春本番。公立高校の合格発表も終わり、新たなスタートにワクワクする季節ですね。

    Answerにも春のワクワクの季節がやってきました。
    今週末には桜台で。4月上旬には由利本荘市で。そして…。今年の春はワクワクが目白押しです!

    毎回内覧会の時お渡ししている内覧会場のパンフレット。これは今まで設計の畠山が作っていたのですが、今回から営業部で作成する事になりました。

    ということで、今回は私が初挑戦!

    三浦が撮影した写真を説明する文章を考えながら選び、紙面の上に並べていく。
    結構大変な作業です。

    特に説明文が難しい。限られたスペースの中でわかりやすく表現しなければなりません。
    ブログを書くのとはまた一つ違う難しさを感じました。

    とはいえ、畠山をはじめ社内のみんなの協力もあり、何とか形になりつつあります。

    土曜日には皆さんにお披露目できると思います。

    ご覧いただいて気が付いたところがあれば、率直にご意見をいただるとありがたいです。

    160317blogphoto1

    さて今週末の「こよなく木を愛する家」の完成内覧会ですが、施主のS様にもいろいろとご協力をいただいています。それによってより一層魅力が増していますので、楽しみにしていただきたいと思います。

    ご来場お待ちしております。

  • 飾付してきました

    2016.03.15|ブログ

    こんにちは。須田です。お久しぶりです。

    秋田ももう春の陽気が近づいてきていますね。
    春が好きな私は早速、明るい春色の洋服を引っ張りだしてきて、気分も明るくなんだか意気揚々としています。

    さて、今日は今週末開催される完成内覧会「こよなく木を愛する家」の飾りつけをしてきました。

    IMG_5389

    飾り付け後、ソファにいると木の香りとシックな雰囲気でとても落ち着きました。

    今回のお家はお施主様が随所にこだわりをもって採用したデザイン、素材がたくさんあります。

    なので、吹抜けから1階を見下ろしたり、キッチンに立ちリビングを眺めたりと、場所によってひとつひとつ違った表情をみせてくれます。

    そんな“わくわく”も詰まったお家となっております。

    また、お施主様が採用された造作キッチンも造り付けのソファもTVボード、洗面化粧台も大工さんや職人さんが一つ一つ丁寧に造っています。

    今回は特に“手造り”がたくさんあります。

    職人による手造りでしか味わえない風格、そしてアンサーがこだわっている本物の木による素材感が調和した「こよなく木を愛する家」

    皆様にも是非感じて頂きたい自慢の一棟です。

     

    3月19日(土)20日(日)のみの公開となっております。

    是非皆様遊びにいらしてくださいね。

    お待ちしております!

     

  • Fun×Tool(道具)

    2016.03.13|ブログ

    こんにちは。利部です!だんだん春らしさが感じられ、庭になんのお花を植えようか・・・とわくわく気分になってきています。

    今日は↓こちらのページのご紹介をしたいと思います

    https://answ.co.jp/fun/tool/

    「Fun×Tool(道具)」

    家を作るには今や道具がかかせません。大工さんの道具もさまざまなものがありますね。左官屋さんのコテもたくさんの種類の中からその場面にあったものをセレクトして使い分けているようです。

    Answerの家づくりにかかせない職人たちのてしごとはこのような道具によって支えらています。中には「譲り受けたもの」「記念に贈られたもの」「長く愛着をもって使っているもの」それぞれの思い出もたくさん詰まっている道具たちのようです。

    Answerがつくる家は「道具を大切にする」職人の想いがこもった家づくりです。

    ????????????????????????????????????

    ????????????????????????????????????

     

  • 設える

    2016.03.10|ブログ

    Answer@竹萬です。

    最近ブログの“枕”が“マニアックすぎる”とか“趣味の話題ばっかり”という指摘を社内で受けております。(私なりに「親しみを感じていただこう」と思えばこそ、の涙ぐましい努力のつもりなのですが…)

    でもめげずに今日も書かせていただきます。

    なでしこジャパン、残念でした…2019年のフランスW杯に向けてチームを作り直し、2020東京五輪(たぶん開催国なので予選なしですが)には金メダルを狙えるチームになっていてほしいものです。

    世界卓球、男女とも決勝進出!素晴らしい!卓球王国“日本”復活の予感です。打倒、中国!
    2001年から小学生のナショナルチームを作るなどの取り組みをした成果だとか。地道な改革、努力、日本でもできるではないですか!

    本題です。最近ブログを書く事が増えたせいか、以前より色々な表現が気になります。以前と同じように業界紙や住宅雑誌を見ていても、気になる言葉が増えてきました。

    その一つが『設える』。

    住宅業界に携わる人は結構使う言葉なんですね。
    ここで改めて意味を確認すると

    ○しつらえ(設え) … 用意、準備
    ○設える … 1 こしらえ設ける。備えつける。「庭に物置を―・える」「部屋に飾り棚を―・える」
                     2 部屋などを整え、飾りつける。「洋風に―・えた客間」                         (大辞泉)

    確かに用法とすればこんなものなのでしょう。でも普段この言葉を使うことありますか?

    つまりこの言葉を使うときには、単に「用意する」「準備する」「飾り付ける」などとは違い、その言葉を使う人にとっては、もっと深い意味、もっと強い想いがあると思うのです。

    最近読んだ文章の中にこんな一節がありました。

    『家の中はあまり決めつけず、家具ありきではなく場所ありきで考えること。要するに居心地のいい場所を発見してからその場所にふさわしい“しつらえ”をゼロから作る自由さが、住まいの中で豊かな居心地を得る秘訣のように思います。』

    こんな使われ方をするところを見れば、『設える』=『空間や部屋を“演出”する』というくらいの意味を持っているのではないでしょうか。

    また茶の湯の世界では『設える』に『主客をもてなすために、設備などの場や空間のありかた、茶や菓子や、その器など、そして心配りに至るまで、主客の好みに応じて整えること』という意味を持たせる、という考え方もあるようです。

    言葉も調べ始めるときりがありませんね。

    さて3月の完成内覧会は、19日(土)20日(日)の2日間、桜台ニュータウン『こよなく木を愛する家』です。Answerスタッフ一同、精一杯『設え』てお待ちしております。

    ご来場お待ちしております。