TANAKA'S BLOG

  • 『土間のある木の家』、オープン。

    2016.04.12|ブログ

    私たちの新コンセプトモデルハウス『土間のある木の家』オープンに際して、
    私たちが展示場を造る意味についてあらためてお伝えさせてください。
     
    家造りにおける素材や工法は当社HPでご確認頂けますし、
    ましてや最新の住宅設備を設置し紹介することにあまり意味はありません。
    (設備の機能やトレンドは常に変わっていくものですからね。)
     
    私たちが展示場でお伝えしたいことは、「暮らし方の提案」です。
     
    離合集散を繰り返す家族の暮らしのために、求められる家の役割は
    変わっていきます。自分と、家族と、生涯向き合っていける住まいを
    テーマに据えつつ、今回の新モデルは土間を中心としたプラン。
    〇LDKという概念とはまったく異なる設計となっています。
     
    家の中と外をゆるやかに結ぶ土間には、
    日本古来から暮らしやすさを高めるうえで欠かせない役割があるように思います。
    その不思議な魅力をもつ土間から得られる豊かな空間を
    是非ご体感いただければと思います。
     
    もちろん〝家には土間があるべき〟と声高に論ずるつもりはありません。
    このような暮らしの在り方をご覧頂くことで、これからの家造りの
    お役に立てて頂ければ嬉しいです。
     
    今度の土・日は是非、秋田市桜台ニュータウンまで
    足をお運びください。
     
    お待ちしています。
  • 土間のある木の家 ~STAGE GIFT~

    2016.04.05|ブログ

    いよいよ当社10棟目となる常設コンセプトモデルハウスが完成しました。
    モデル名は「STAGE GIFT」。
     
    ネーミングの由来ですが、ふたつの意味が込められています。
     
    ひとつは、「未来の私たちに贈り物となる家」になって欲しいとの願いが。
    もうひとつは、「だれかのことを想っている時間こそが、だれかにとっての
    最高のプレゼントである」という思いが・・・。
     
    旅行や外食もよいけれど、やはり一番長く家族と過ごすわが家の毎日が
    特別なものであってほしいと思います。
     
    「STAGE GIFT」にはそんな〝特別な時間〟を思いおもいに過ごすための
    居場所が、随所に設えられています。
     
    変わっていく家族のライフステージにもしなやかに対応することに配慮された
    設計だからこそ、世代を超えて住み継がれる住まいとなりました。
     
    前コンセプトモデル「小さな木の家」と同じく、この空間は実際に館内に
    足を踏み入れて頂く以外に上手に説明出来る言葉が見つかりません。
     
    公開日程は当HP等でご案内して参ります。
     
    皆さまのお越しをお待ちしています。
  • 今週末は「大人かわいい家」!

    2016.03.29|ブログ

    今週末の4月2日(土)・3日(日)の二日間、由利本荘市・大内において
    完成内覧会を開催します。その名も「大人かわいい家」。
     
    今回はプランニング前のオーナー様からのヒアリングを行うことなく、
    オーナー様のイメージでプランを作成し提案したお家です。
     
    こちらをベースに打合せを進めるなかで、
    外を眺めながら調理ができるキッチンの背後にレイアウトされたカウンターキッチンや、
    玄関エントランスの一部に設えられた新色の木製サイディングなどの
    〝大人かわいい〟アイテムが随所に盛り込まれていきました。
    久々の白木パインフロアの仕上りもベストマッチの館内です。
     
    さらにお隣りのAnswerのお家と2棟並んだ外壁の美しさには
    おもわず感動してしまいました。
     
    今回の内覧会開催において「是非!」と、格別のご配慮を頂きました
    S様、本当にありがとうございました。
    今後とも末永いおつきあいを、何卒宜しくお願い致します。
     
     
    余談ですが・・・
    本邸のご近所にある出羽食堂さんには工期中おいしい昼食を頂きに
    幾度となく伺いました。豊富なメニューがズラリと揃う食堂って、
    とても嬉しいですよね。
    (詳しくは三浦のスタッフブログをチェックしてみてください!)
  • 無いものは造ってしまおう!

    2016.03.22|ブログ

    先週末の19日(土)、20日(日)、秋田市桜台ニュータウンにおいて開催しました
    完成内覧会には、二日間で43組の皆さまにご来場頂きました。
     
    どうもありがとうございました。
     
    皆さん一様に高い関心を示されていたのが、随所に設えたオリジナル造作。
    キッチン、カウンター、食器棚から、ソファ、照明器具に至るまで、
    「こよなく木を愛する家」のネーミングにふさわしい多彩な木のアレンジメントに
    たくさんのお褒めの言葉を頂きました。
     
    今回も設計を進めるにあたりオーナー様から色々なリクエストやご相談を頂く中で、
    その思いやビジュアルは共有できていても、ピッタリの既製品が無いことも度々・・・。
    そんなときは妥協せずに、〝オリジナルで造ってしまった〟わけです。
     
    その結果、全体の質感やデザイントーンは統一され館内の空間演出にも
    とても良い効果をもたらしたと思っています。
     
    これには正確なヒアリング力と、具体的なカタチを作り上げる職人の確かな技術の
    総合力が不可欠。ここをお褒め頂いたことは今後の自信につながります!
     
    今回このような機会を頂きましたS様、本当にありがとうございました。
    本日御引渡しの際、あたたかいお言葉を頂き感激しております。
    こちらこそ素晴らしい出会いに感謝です。
     
    今後とも末永いお付き合いを何卒宜しくお願い致します!
  • こよなく木を愛する家

    2016.03.15|ブログ

    プランニングの傾向だけではなく、皆さまがご覧になられた際の印象を
    ふまえて完成住宅のネーミングを考えています。
     
    今週末の19日(土)・20日(日)の両日にご覧いただく今回の住まいは、
    「こよなく木を愛する家」。
     
    その名にふさわしく、外壁から館内の随所に木を使用した造りとなっています。
    造り付のソファや造作キッチンから照明に至るまで、様々な工夫を
    施した見どころ満載の住宅です。
     
    すでに皆さまをお招きするための準備や館内ディスプレイも完成。
    私もチェックに伺ったところ、偶然オーナーS様とお目にかかりました。
     
    私たちとガッチリスクラムを組んで家造りを全うした、やりきった充実感で
    一杯とのお話。まさに「こよなく木を愛する家」のネーミングにふさわしい
    出来栄えに大変ご満足であるとお褒めのお言葉を頂きました。
     
    S様、本当にありがとうございました。これからも末永いお付き合いを
    何卒宜しくお願い致します!
     
    と、いうことで今週末は秋田市桜台ニュータウンの内覧会場で
    お待ちしています。
    是非、ご来場くださいませ!