TANAKA'S BLOG

  • 風薫る五月

    2024.05.23|ブログ

    「風薫る」とは、初夏の若葉の香りを運ぶさわやかな風を

    意味する言葉ですが、まさに昨日、今日あたりの朝の

    清々しさは、全身のポテンシャルがグンとあがる風を

    感じるものでした。

     

    薫風もさることながら、このような気分でいられるのは

    前夜の一席の充実度が大きく関わってきます。

     

    楽しく有意義な時間ほど足早で、そんなときはとても

    1軒では物足りず、2軒目に向かうことになります。

     

    ここからが先週の当ブログ「好みが変わった!?」の

    続きになるわけですが、これまでの2軒目は

    決まって1軒目と同系統のお店が定番でしたが、

    このところガラリと傾向を変え、イタリアンのお店に

    通っています。

     

    イタリアンは私の勝手な固定概念のなかで、

    「女性」「若者」「デートカップル」専用のジャンルで、

    そもそも選択肢に無かったものでした。

    ところがいざ通ってみるとその偏見は一蹴され、

    多少のアウェイ感はありつつも新鮮な魅力を感じています。

     

    落ち着いた雰囲気のなかで前菜を1~2品オーダー、

    キリリと冷えた白ワインを傾け、締めはカルボナーラという

    これまでの自分では想像もつかないコースですが、

    これがピタリとハマり実に心地良いのです。

     

    この先、はたして1軒目からイタリアンを

    選択するときがくるのでしょうか…

     

    客観的な視点で自身の動向を見守りたいと

    思います(笑)