TANAKA'S BLOG

  • かかりつけ医とガーミン

    2021.07.21|ブログ

    先日珍しく胃の調子がすぐれず、そろそろ年齢的にも

    ここでしっかりお任せできるかかりつけ医を探そうと決意。

    ネット検索するなかで、ある先生のコメントが目に留まりました。

     

    そこには「訪ねて来られた一人一人とゆっくり時間をかけて向きあう」

    ことの大切さが記されており、これは私自身が仕事を進めるうえでの

    基本姿勢と重なるものでした。

     

    また「悪い結果が怖くて検査に踏み切れない心理状態」にも触れられており、

    見かけによらずデリケートなマイハートを言い当てられた気がしたことも

    決め手になりました。

     

    早速来院し、検査の結果は問題無し。

    安堵感と共に、信頼できるかかりつけ医と出会えた喜びで

    一杯になりました。

     

    先生に対する信頼の証として、健康状態のモニタリングにと

    勧められたスマートウォッチ・ガーミンを早速購入。

    本気度が伝われば嬉しいです。

     

    今後とも引き続き、末永く(?!)

    宜しくお願い致します。

  • 「土間のある木の家」

    2021.07.15|ブログ

     

    2016年、“未来の自分たちへの贈り物となる家”をテーマに

    造られた常設モデルハウス「STAGE GIFT」。

     

    夫婦が同じ空間で思いのままに過ごせる居場所を設けた

    平屋仕立てのプランニングは、そのあとに続く

    コンセプトモデル「NEXT」、「Our story」、「OVER TIME」への

    系譜の原点となるものでした。

     

    当時私は50代に入り、将来を見据えた“平屋暮らし”を

    理想の住まいと考え始めた時期と重なります。

    この特別な思い入れのある当モデルハウスのお引渡しが

    完了しました。

     

    オーナーのご夫婦は、これからのお二人の暮らし方と

    「GIFT」の家づくりの考え方がぴたりと共鳴したとのこと。

    お二人にとって、ご自身達への贈り物になったとしたら

    こんなに幸せなことはありません。

     

    お二人の素敵な時間が末永く続きますことを祈念致します。

     

    ありがとうございました。

  • 声の手帳

    2021.07.08|ブログ

    このところ音声認識アプリを活用しています。

    ブログネタや広告フレーズ、急なスケジュールや連絡事項などを

    忘れないうちに吹き込み記録しています。

     

    ホントに便利な機能ですが、きっとアナログ世代には

    まだまだ知らない驚きのスーパーアプリが山ほどあるのだと思います。

    耳よりのアプリ情報があれば、とりあえず使ってみることで

    様々なトライアルを重ねることが必要かなと思います。

     

    季節柄、夕食後に夕涼みを兼ねて愛犬散歩をしています。

    ほろ酔い気分で吹き込んだフレーズは翌朝確認すると

    半分は夜更けのラブレター状態で使えませんし、

    酔いが訛りに拍車をかけ誤変換が頻発するところは改善が必要です。

    (もちろんこれはアプリではなく、私のろれつの問題ですが)

     

    これからも愛用していきたいと思っています。

  • そう見えちゃいますか⁉

    2021.07.01|ブログ

     

    先日、外構計画の打合せ帰りに象潟の道の駅でバッタリ知人とお会いしました。

    掛けられた言葉が「これから海ですか?」。

    たしかに平日の昼下がりにジーパン、Tシャツにサングラスのいで立ちは

    そう思われるのが自然です。

     

    私としては、仕事の内容や天候を考慮したうえで最も機能的な服装を

    チョイスしており、現場メンバーにはいつもの“仕事着”として認知されているので

    なんの違和感も感じなくなっておりましたが、久々に再会した知人の言葉に

    「たしかに、そう見えちゃいますよね」を認識しました。

     

    サングラスと黒縁、金髪と黒髪、オールバックと七三分け、革靴とサンダル等々、

    その見かけで人の印象は変わります。その中身はさておきですが、

    やはり人は見かけで判断をするということです。

     

    ただ、重要なのはお金があれば手に入る高級品をどれだけ身に着けるかよりも、

    TPOに応じた常識的な身だしなみや清潔さがよほど大切なのだと思います。

     

    笑顔としかめっ面も見かけのひとつ。

    実はこれが一番大事なのかもしれません。

  • プチリフォーム

    2021.06.24|ブログ

    いきつけのお店が業態変更をされるとのこと。

    昨年来のコロナ禍による厳しい制約により、業界全体の自粛傾向が続く中

    昼のお弁当・惣菜店へのプチリフォームの依頼を受けました。

     

    もちろん大変な事態ではありますが、見方を変えれば

    大きなビジネスチャンスなのかもしれません。

     

    仕事を続けていれば必ず様々な壁や障害があり、

    そこには自己責任とはいえない要因も多々発生します。

    自然災害や今回のコロナも免れない不可抗力ですが、

    このような非常事態にどのような手を打つか、打てるかが

    経営者の手腕です。

     

    様々な制約のなかで、来店者に対してのみならず

    働き手のオペレーションを含めたベストなプランを考えることに

    大きな責任と共に、やりがいを感じています。

     

    ここはまさに建築工房としての腕の見せ所です。

1 2 3 4 5 51