TANAKA'S BLOG

  • またひとつ、歳をとりました

    2021.02.25|ブログ

     

    22歳でこの業界に入った当時は、

    与えられた仕事をただやみくもにこなす毎日。

    25歳で師と仰ぐ方と出会い、そこで家づくりの根本を

    学びます。実質的なキャリアスタートはここからなので、

    今年で30年が経過しました。

     

    会社を立ち上げ23年、やればやるほどその難しさを

    痛感する日々です。

    少しは成長もしているのでしょうが、会社経営も仕事も

    ゴールはないように思います。

     

    以前は自分がだれよりも真剣に物事に取り組んでいるという

    自負(思い込み?)から、自分の信じた道を突き進むきらいが

    ありましたが、歳を重ねるごとに周囲の意見に耳を傾けることの

    大切さを実感するようになりました。

    (これが少しの成長なのかもしれません)

     

    なにをやっても疲れるお年頃です。

    これからはいい意味でのマイペースをキープし、

    じっくりと気持ちよく仕事を進めていければと思います。

     

    このゆるい感覚を意識的に作り出すことも

    必要なんじゃないかな。

     

    ※たくさんのお祝いのメッセージ、

     ありがとうございました!

     

  • 気持ちよく、忙しい

    2021.02.18|ブログ

    期日に追われる忙しさ、慌ただしさでなく、

    やりたいことが次々と溢れてくる忙しさは

    とても気持ちの良いものです。

     

    有難いことです。

     

    ひとつの問題も抱えていない会社など世の中には1社もなく、

    その解決のために様々な取り組みが日々進められているはずです。

    ある社ではその問題をマニュアルに当てはめ、

    ある社では半ば強制的に終了のボタンを押したりします。

     

    「やるか」、「やらされるか」。

     

    この違いはその時の結果にとどまらず、将来的な成果や

    成長につながるもので、その差は計り知れません。

    自らの考えと行動で課題解決に向かう我が社のスタッフを

    見ていると、本当に頼もしく思います。

     

    このような対応が、お客様や関連企業の方々との

    信頼関係を築く大きな要因になっていると感じます。

     

    社長の私がいうのもなんですが、そんなスタッフ達との

    打合せは実に楽しいものです。

    同じゴールを目指してまさに建設的な意見を交わせる

    現在の会社は、かけがえのない私の宝物です。

     

  • 報告を兼ねて

    2021.02.12|ブログ

    ようやく春の兆しを感じられる季節になりました。

    まだまだ油断は禁物ですが、雪寄せに疲れたカラダには

    嬉しい陽射しです。

     

    さて、報告を兼ねまして当社のお休みについてお知らせです。

     

    皆様にご不便をおかけしないよう、

    お客様との打合せや展示場をご案内するチームをA班、

    現場監理や事務系業務に携わるチームをB班とし、

    新たにA班は第2火曜日を、B班は第2日曜日を

    お休みとさせて頂きます。

     

    わが社も今年で23年目。

    創業当時の毎週水曜日のみの休日日数と比較すると

    約2倍の日数となりました。

     

    さらに当時の就業時間は21時過ぎが当たり前という

    悪しき習慣の時代でありましたが、現在では18時30分には

    全てのスタッフが帰宅できる状況になりました。

     

    これは会社による無駄な業務の見直しと、

    なにより個々のスタッフのスキルアップが主な要因です。

    以前のように仕事に振り回されることなく、自らが仕事をコントロール

    できるようになったことで、時間の短縮に加えて業務のクオリティが

    格段に向上しています。

     

    そんなわけで、今週は火曜日から昨日まで3連休でした。

    今後はあらためて、休日の上手な過ごし方を模索していかねばと

    考えています。

     

  • お通し

    2021.02.02|ブログ

    飲みの席で(このところ機会はめっきり減りましたが)、

    必ず供される「お通し」。

     

    料金はもちろん、メニューに記されていない店も多く、

    なにしろ注文もせずに出てくるものですが、

    あなどってはいけません。

     

    実はこの「お通し」にこそ、そのお店の(店主の)想いが

    詰まっているように思います。

     

    私の行きつけの店では、必ずその季節を感じさせる

    旬をあしらったものが出てきます。

    ひろっこ、菜の花、ふろふき大根、等々、それを肴に

    店主とひとしきり語らうのです。

     

    そこには「今度はこれを食べて喜んでほしい」といった

    店主の気持ちが込められていて、料理への想いや、

    客への配慮を感じることができます。

    そう、「お通し」には愛があるのです!

     

    カラ酒にならないためのタダのつなぎと捉える店も多いようですが、

    「お通しの旨い店は、すべての料理が美味」です。

     

    これ、私調べですが結構当たっています!

     

  • この暖かさをお伝えしたい季節になりました

    2021.01.27|ブログ

    今週末は、秋田市桜台のコンセプトモデル

    「平屋暮らしが叶う木の家/Stage NEXT」にて、

    今年初の内覧会を開催します。

     

    薪ストーブに火をくべて、その包み込まれるような

    柔らかな暖かさをご体感頂ければと思います。

    予約制となりますが、ご興味のある方は是非!

     

    さて、昨日は我が家の愛犬の11回目となる誕生日でした。

    人に換算すると60才となり、私の年齢を越えてしまいました。

    犬は人の何倍ものスピードで年を重ねることから、

    1年の捉え方が違ってきます。

     

    これからも共に充実した日々を過ごす家族の一員として、

    家で盛大な誕生パーティを開きました。

    ケーキに花束と、本人(犬)にはなんのこっちゃなイベント

    だったかと思いますが、きっと想いは伝わっていると

    思います。

     

    いつまでも元気でいてください。

    こらからも末永くよろしく!

     

1 2 3 4 5 47