TANAKA'S BLOG

  • 時間よ止まれ

    2018.12.12|ブログ

    先日久々に出掛けたライブ、
    実に素晴らしいものでした。


    残りの時間を知ることが残念で、あえて時計を見ないでいたほど、存分に感動を味わいました。


    さて、昨日は当社恒例の年末イベント
    「Answer’s Night」を開催しました。
    今年は創業20年の節目ということで、
    これまでの歩みを映像化し、参加者全員で観賞しました。


    会社の歴史は、私にとっての自分史でもあります。これを共に歩んできた社員や、協力会社の仲間たちと共有できたことは実に感慨深いものがありました。

    ひとつ一つのシーンにその時々の思いが重なり、涙がこぼれそうでした。


    あれこれと喜んでいただこうと画策した企画の段階を含め、
    皆さんとの語らいや、恒例のお楽しみ抽選会等々、心から楽しい時間を満喫しました。


    参加いただいた皆さんも、時が経つのを忘れるほど、時計を見ることをためらうほど楽しい時間であったなら幸せです。


    来年も皆さんと益々力を合わせて
    さらに素晴らしい時間を過ごせるよう、
    努力して参ります。


    ほんとうにありがとうございました!

  • 家具も家族

    2018.12.04|ブログ

     
    実はこれ、以前からお伝えしたかった話題です。
     
    先週末の土日、当社展示場にて皆さまをお迎えしているなかで、
    家具についてのお話を随分いただきました。
     
    「館内の雰囲気にピッタリ!」、「家具だけでも素敵!!」
    と嬉しいお褒めの言葉に、あらためて当社の家具についての考えを
    お伝えしようと思った次第です。
     
    当社のモデルハウス内に置かれている家具達は、
    そのモデルのイメージに合わせて選ばれています。
    既製品もありますが、オリジナルデザインやセミオーダーで
    造る場合もあります。
     
    つまり、家が完成したので〝とりあえず置かれる〟家具は
    無いということです。
    それはそうそう買い替えることの無い家に対して、
    家具も同じように位置付けたいとの思いからです。
     
    お気に入りの家具を、永く愛着をもって大事に使う。
    そこに暮らす家族と同様に家と共に歴史を刻んでいく、
    家具もそんな存在であってほしいと思っています。
     
    今回の保戸野のモデルハウス「平屋暮らしが叶う木の家」にも
    この考え方に基づいてセレクトされた家具達がいます。
     
    是非、ご覧にいらしてください。
    きっと家具達も喜ぶと思います。
  • 「暮らしを整える日」だそうです

    2018.11.27|ブログ

    明日は、「暮らしを整える日」だそうです!?
     
    ご安心ください。これは県の条例でも国が制定した日でもありません。
    あくまでも我が家での衣替えに近い冬支度の日なのです。
     
    スニーカーをブーツに、ウィンドブレーカーをダウンコートに、
    そして雪かきの道具を玄関先に置き、こたつをセッティング・・・等々。
    挙げれば結構、やること満載です。
     
    私としてはせっかくの休日ですから、気ままにダラダラと
    過ごしたい気分ではありますが、家族の意向ですので
    ここは協力せざるを得ないのであります。
     
    ただ、一日をかけて館内外を次の季節仕様に整えることは
    大事なことなのかもしれません。
     
    特に四季の移り変わりがはっきりしている秋田での暮らしにおいては、
    自然と共生していることを再認識する良い機会になりそうです。
     
    そう考えれば、「暮らしを整える日」は
    必要な日なんですね・・・・・。
  • 冬の愉しみ

    2018.11.20|ブログ

    北海道の初雪も記録的に遅れ、
    秋田もしかり冬の到来が足踏み状態ですね。
    なんだか少しだけトクしたような気分です。
     
    さて、そうはいいつつ昨日から我が社の薪ストーブに火が入りました。
    やはり自然の暖房はあたたかさの質が明らかに違います。
    事務所で仕事をしているのに、なんだか我が家にいるかのような
    そんな感覚です。スタッフたちもこの包み込まれるような温もりを
    実感しているようです。
     
    さあ、ゴルフのシーズンもおわり休日の過ごし方も変わってきます。
    これからは時間をみつけて県内の名湯秘湯を愉しみたいと思っています。
    現在までのナンバーワンは、小安峡・阿部旅館の湯。
    ただ気軽に通える距離ではないので、結局は秋田温泉に
    浸かる回数が増えるだけかもしれません。
     
    結局のところ、風呂上りに自宅に戻り乾杯する冷たいビールが
    楽しみになってきそうです。
  • 一日の過ごし方

    2018.11.13|ブログ

    このところ一日を過ごすにあたり、何事も詰め込み過ぎずに
    できるだけ緩やかな時間を持つことを心がけています。
     
    イメージやアイデアの構想や、現状の見直しなどを
    考える時、時間に追われていてはなかなか冷静な判断が
    つきかねるのです。
     
    一呼吸おいて、俯瞰的に物事をみていると
    ふだんついやり過ごしている様々な場面において
    「無くてもよいこと」とか、「あったらいいな」が見えてきます。
     
    特に大事なのが、この「あったらいいな」です。
    「あったらいいな」は実際にはまだ無いものです。
     
    あくまで自分の視点ではありますが、私が考えるくらいですから
    皆さんもきっと無意識のなかでは感じられているであろうことに、
    次の新たな取組のヒントが隠されています。
     
    さあ、これをどうやってカタチにしよう・・・・等と考えている
    妄想タイムが、とても楽しい時間の過ごし方となっています。
1 2 3 4 5 29