TANAKA'S BLOG

  • つぶやき

    2020.04.01|ブログ

    例年ならばこのシーズンならではの様々な恒例行事とともに、新しい季節を迎える高揚感・ワクワク感で満たされるこの時期ですが、今年の春は日付だけが粛々と過ぎていくモヤモヤとした違和感を覚えます。

     

    もはや天変地異に近い昨今の状況はそう簡単に収まる問題でないことは理解しつつも、あらためて国を動かすリーダー達の役割や在り方を思います。

     

    原稿に目を落とし読み上げるだけの会見ではなく、リーダー達1人ひとりの実を伴った言葉や行動が国を、国民を動かすのだと思うのです。

     

    周りはともかく、私は自分のやるべき責任を果たしながら、来るべき本来の日々に向かっていつでも飛び出せるようにポジティブに備えていたいと思っています。

     

  • 大人の“頑張る”

    2020.03.24|ブログ

    私は日頃から“頑張る”という言葉を

    使わないようにしています。

     

    子供ならばまだしも、ことあるごとに

    常套句のように添えられる大人の“頑張る”に

    違和感を覚えるからです。

     

    おそらく意識せずに使っている言葉ですが、

    その場を取り繕うような軽い印象が残ります。

     

    “頑張る”ということは、何かの目的達成に向けた行為、

    乗り切るための行動ですが、肝心なのは

    いかに“考えて”“向き合って”“取り組む”かだと思います。

     

    これらをないがしろにした“頑張る”には

    なんの意味もありません。

     

    日本中が“頑張る”の大合唱のこの時期こそ

    実のある姿勢を示すことが、本当の意味での

    大人の“頑張る”だと思うのです。

     

  • 大人買い

    2020.03.17|ブログ

    このところ文房具にハマっています。

     

    プランニングの際、パッと閃いたアイデアを

    逃さず書き留める最良のツールは、目下のところ

    鉛筆です。

     

    その他のペンの場合は、書き始めるまでに

    芯を出したりインクを入れたりとワンクッションが

    必要となり、その一瞬が勝負の分かれ目なのです(笑)

     

    即、手に取り書きつけられる鉛筆はストレスなく

    プランニングもはかどるわけです。

     

    同様の理由で、消しゴムしかり、付箋しかり。

     

    そんなわけで最近は最良の仕事ツールを探しにでかける

    文房具店の探索が趣味になっています。

     

    本来であれば学生時代に通うべきお店ですが、

    当時は勉強そっちのけで青春を謳歌していた私にとって

    遅ればせながらの文房具大人買いを楽しんでいます。

     

  • 嬉しい報告

    2020.03.10|ブログ

    昨日、パートナー企業の広告マンからある商品のグラフィック撮影の為に

    秋田市桜台の常設モデル「STAGE GIFT」をお借りしたいとの連絡があり、

    本日無事に終了したとの報告がありました。

     

    撮影には数名の男女が参加されたとのことで

    もちろん皆さん、GIFTに来られるのは初めて。

    館内に入られた途端、「わーっ!」と声をあげられ

    しばらくはウチの広告マンが撮影そっちのけで

    GIFTのコンセプトや設計の考え、そして設計者の想いなどを

    説明し続けたそうです(笑)

    特に私より若干先輩世代の方には、細かい設えや暮らしやすさについて

    大きな共感を頂いたようで、嬉しい限りです。

     

    このような撮影には、どんどん活用して頂ければと思います!

  • 心地よい時間

    2020.03.03|ブログ

    このところプランニングの時間が至福のひとときという

    幸せな日々を過ごしています。

     

    お客様が求められていることと、自分の目指す方向

    リンクしているからだと感じています。

     

    本当に有難いことです。

     

    プランは決まった部屋で描いていますが、

    こちらの環境の良さもこの至福の時間の演出に

    一役買っているようです。

     

    新規購入した高音質オーディオからは、USBに収録された

    数百にのぼる楽曲がエンドレスで流れてきます。

    もはやこれまでのCDのように“次の曲”が予想できないので、

    雰囲気や気分で曲を飛ばしたりといった余計な動きもなく

    思考が中断されることもありません。

     

    大好きなBGMに浸りながらのプランニング。

     

    最高に心地よい時間です。

     

1 2 3 4 5 38