TANAKA'S BLOG

  • アンテナ

    2020.04.14|ブログ

    先週末の早朝、太平川沿いを愛犬と散策、

    まもなく秋田市も桜満開のニュースが聞こえてきそうな

    状況です。

     

    本来であれば千秋公園をはじめ、県内各地で桜まつりが

    開催され、屋台やステージイベントで賑わいをみせる

    ところですが、今年は残念な限りです。

     

    世界規模の危機的状況ですから、メディアもこぞって

    コロナ関連のニュースで埋め尽くされ

    私たちの関心事ももはやコロナ一色となっています。

     

    もし、コロナが無かったら・・・

    自分は今日このブログに何を記していたのだろうと考えます。

    本来であれば興味ある様々な話題をキャッチし

    思いを巡らせているはずですが、私のアンテナ自体が

    コロナに乗っ取られてしまったかのような気分です。

     

    来週は負けじとコロナ以外の話題を

    設定したいと思っています。

     

  • おうちで過ごそう

    2020.04.07|ブログ

    政府の緊急事態宣言発令に伴い、いよいよ不要不急の外出に対する

    意識が変わってくるのではないでしょうか。

     

    秋田においても馴染みのお店の多くが5月6日までの期間、

    休業を余儀なくされています。

     

    そんな状況をふまえて、先週あたりから家飲みにシフトしていますが

    自宅だと意外に飲まない(飲めない?)ものです。

    自他ともに“飲める口”で通っていますが、缶酎ハイ2缶で

    満足している状態に驚いています。

     

    おそらく外では“さあ、飲もう!”という意気込みによる

    軽い興奮状態から、ある種の脳内ホルモンが分泌されていると

    思われますが、家ではリラックスしている状態からスタートする分

    アルコール分解酵素の働きもスローペースになるのかもしれません。

     

    いずれにしても、家族との会話を楽しみながらお酒をたしなむ

    贅沢な時間を過ごせています。

     

    きっと酒量が落ちる分、体の負担軽減にもつながりますし

    考えようによってはプラスに転換できることも

    少なからずあると思います。

     

    現状を悲観することなく、ポジティブに

    乗り越えていきましょう。

     

  • つぶやき

    2020.04.01|ブログ

    例年ならばこのシーズンならではの様々な恒例行事とともに、新しい季節を迎える高揚感・ワクワク感で満たされるこの時期ですが、今年の春は日付だけが粛々と過ぎていくモヤモヤとした違和感を覚えます。

     

    もはや天変地異に近い昨今の状況はそう簡単に収まる問題でないことは理解しつつも、あらためて国を動かすリーダー達の役割や在り方を思います。

     

    原稿に目を落とし読み上げるだけの会見ではなく、リーダー達1人ひとりの実を伴った言葉や行動が国を、国民を動かすのだと思うのです。

     

    周りはともかく、私は自分のやるべき責任を果たしながら、来るべき本来の日々に向かっていつでも飛び出せるようにポジティブに備えていたいと思っています。

     

  • 大人の“頑張る”

    2020.03.24|ブログ

    私は日頃から“頑張る”という言葉を

    使わないようにしています。

     

    子供ならばまだしも、ことあるごとに

    常套句のように添えられる大人の“頑張る”に

    違和感を覚えるからです。

     

    おそらく意識せずに使っている言葉ですが、

    その場を取り繕うような軽い印象が残ります。

     

    “頑張る”ということは、何かの目的達成に向けた行為、

    乗り切るための行動ですが、肝心なのは

    いかに“考えて”“向き合って”“取り組む”かだと思います。

     

    これらをないがしろにした“頑張る”には

    なんの意味もありません。

     

    日本中が“頑張る”の大合唱のこの時期こそ

    実のある姿勢を示すことが、本当の意味での

    大人の“頑張る”だと思うのです。

     

  • 大人買い

    2020.03.17|ブログ

    このところ文房具にハマっています。

     

    プランニングの際、パッと閃いたアイデアを

    逃さず書き留める最良のツールは、目下のところ

    鉛筆です。

     

    その他のペンの場合は、書き始めるまでに

    芯を出したりインクを入れたりとワンクッションが

    必要となり、その一瞬が勝負の分かれ目なのです(笑)

     

    即、手に取り書きつけられる鉛筆はストレスなく

    プランニングもはかどるわけです。

     

    同様の理由で、消しゴムしかり、付箋しかり。

     

    そんなわけで最近は最良の仕事ツールを探しにでかける

    文房具店の探索が趣味になっています。

     

    本来であれば学生時代に通うべきお店ですが、

    当時は勉強そっちのけで青春を謳歌していた私にとって

    遅ればせながらの文房具大人買いを楽しんでいます。