TANAKA'S BLOG

  • 専門店

    2018.11.06|ブログ

    季節は足早に冬へと向かっています。
    いよいよ熱燗が恋しくなってまいりました。
     
    居酒屋では定番のメニューである、焼き鳥、おでんといった
    酒のあてですが、その日の気分によっては
    どうしても専門店で飲みたい(食べたい)衝動に駆られます。
     
    たとえば焼き鳥専門のお店では、
    専門店ならではの希少部位や、独自の仕込み・調理法を駆使した
    絶品料理が揃います。
    もちろん焼きはこだわりの炭火でなかまでふっくらと。
    ついつい刺身や山かけ系のメニューも欲しくなるところですが、
    店主の職人技を堪能できるシアワセをじっくり味わいます。
     
    おでんの専門店に行けば、やはりオールメニューの揃うお店とは
    別格の味に舌鼓を打つのです。
     
    やはり餅は餅屋。
    その道を究めるプロたちの仕事には
    人を感動させる魅力があります。
  • 20年目のご挨拶

    2018.10.30|ブログ

    1998年10月10日に創業以来、今年わたしたちは
    20年目を迎えました。
     
     
    国税庁の統計で、設立20年での会社存在率は
    0.4%という数字が物語るように、
    ここに至るまでの道のりは決して平坦ではありませんでしたが、
    なんとか乗り越えてこられた一番の要因は、
    なにより「出会い」に恵まれたことです。
     
    わたしたちに家づくりを託してくださったお客さま、
    多岐に渡る業務をサポートしてくれるパートナー会社、
    皆さんとの出会いがあってこその20年だと思っています。
     
    そしてなにより、日々共に家づくりに邁進してくれる自慢の社員たち。
    私は彼らが誇りです。一人ひとりに無限の可能性を感じています。
    そんな仲間たちと仕事ができることを心から幸せに思います。
     
    社員たちから20周年パーティ開催の申し入れがありました。
    会場ではスタッフ達がこの日の為に制作していたという
    これまでの足跡をまとめたDVDが、心のこもったメッセージと共に上映。
    2次会のお店には創業年である1998年産のワインが用意されており
    美酒に酔いしれました。
    これらの出来事は私にとってなにより嬉しいプレゼントでした。
    大切なご褒美をいただいた気分です。
     
     
    20年の間に積み重ねてきた多くの経験と実績が
    ご依頼を頂く際の理由の一つになっている実感があります。
    とても光栄なことです。
     
    振り返れば、創業1年目の無名でなんの実績もないわたしたちに
    家造りを任せてくださった施主様のお気持ちに、
    今でも身が引き締まる思いです。
    そのとき感じた「託された喜び」と「なにがなんでもご満足いただける
    家を造るという決意」が、ここまでやってこられた原動力のひとつに
    なっているように思います。
     
     
    創業当時はとにかく全てのことに我武者羅でした。
    周りに目を配る余裕もなく、自分の事しか考えられなかった時期です。
    そんななかで、自分の役割を少し冷静に捉えられるようになってきたとき、
    自分が思う社長の仕事とは、
    「しあわせをつくること」だと気づいたのです。
     
    そのためには、まずは私たち自身がしあわせであること、
    ゆたかな気持ちでいられることが重要です。
    なぜなら、しあわせでない人が、だれかをしあわせにすることなんて
    出来ないからです。
    この環境をつくりあげることが私の仕事であり、
    お客さまやパートナー会社の皆さまのしあわせ作りのお手伝いに
    つながるものと確信しています。
     
     
    家をつくる会社として私たちAnswerの使命はなにかを
    心に据えて、今日からの日々を1日1日大切に
    仲間たちと共に歩んでいきたいと思っています。
     
     
    株式会社建築工房Answer
    代表取締役   田中 淳一
  • い・ろ・は・す

    2018.10.23|ブログ

    先日、久々に訪れた居酒屋さんでのこと。
    これまでピッチャーで提供されていた焼酎用の水が
    〝いろはす〟に代わっていました。
     
    ふだんから〝いろはす〟派の私としては(特に水の味に敏感な
    わけではありませんが)とてもハッピーな気分になりました。
    〝いろはす割〟の焼酎を美味しく頂いた次第です。
     
    何気ない出来事でしたが、モノやコトを提供する立場の
    私としてはとても示唆に富むものでした。
     
    「必ずこうしてほしい」とお願いされていないこと〝でも〟、
    いや、〝だからこそ〟、先回りで用意されたときの
    驚きと喜びは大きいものです。
     
    相手の求めるモノやコトを正確に読み解くチカラが、
    人に喜びを与えるものだとあらためて実感しました。
     
    次回の来店を心に決め、
    いろはす焼酎をじっくりと味わいました。
  • 楽しいひととき

    2018.10.16|ブログ

    さすがに10月も半ばになると、朝晩の冷え込みも
    グンと厳しさを増してきますね。
    いよいよ熱燗の恋しい季節となって参りました。
     
    「熱燗といえばココ!」と決めている店があります。
    カウンター越しに注がれるお酒と大将とのやりとりは、
    この店ならではの醍醐味です。
     
    先日仲間とカウンターに並び美味い酒を酌み交わしていた時、
    入ってきたお客さんが店のスタッフにこう言いました。
    「カウンターでいいです」。
     
    この店は「カウンターが」特等席と知っている常連組の私は
    この「カウンターでいい」に違和感を覚えつつ、
    確かに店によっては「カウンターでいいですか?」的な
    言われ方もあるし、来店目的や状況次第でボックスや小上がりが
    良い場合もあるか・・・・などと妄想にふけっていました。
     
    みると、相方も同じ違和感を感じた様子(笑)。
     
    「で」と「が」の違いで大いに盛り上がれる仲間との酒は
    やはり楽しいものです。
  • 1876日ぶり!

    2018.09.25|ブログ

     
    正直、そろそろかと思っていました。
    タイガーウッズの劇的な復活優勝。
    見たこともないようなギャラリーの盛り上がりが、
    彼に対する期待の大きさを示していましたね。
     
    今回の優勝に至るまでの道のりは想像を絶するものが
    あったと思いますが、最後は精神的な強さなんだと
    思います。
     
    次々と立ちはだかる困難に向かい、そこで得た経験を
    新たな推進力としてさらなる高みを目指せる人が
    その道のプロだと思います。
     
    そういった意味において、やはりタイガーは
    プロ中のプロでした。
     
    私もゴルフは好きですが、夢中ではありません。
    その後の仲間たちとの打上げも同じくらい好きです。
    スコアが悪くても、その原因がわかっていても、
    飲み会を断ってまで練習場には向かいません。
     
    私は家づくりのプロとして、今回のタイガーの優勝は
    とても刺激になりました。
    プロとしての強靭な精神力を身に着けるべく、
    これからも精進の日々です。