TANAKA'S BLOG

  • みないようにしてたけど・・・

    2019.04.17|ブログ

    アメリカ男子ゴルフのマスターズで、タイガーウッズ選手が
    14年ぶりの優勝を飾りました。
    タイガーファンとしては、なにより嬉しいニュースであります。
     
    実はこの試合、録画してゆっくり楽しもうと、勝者や試合内容に
    ついては極力見ざる・聞かざるを徹底していたのですが、
    やはりタイガーの優勝となれば、もはやそれは無理なお話でした。
     
    テレビ、ラジオ、ネット、新聞等々のさまざまなメディアが
    この話題をこぞって取り上げ、その情報は洪水のように押し寄せて
    きました。
    かくして、結果を知らないまま録画を楽しもうという計画は
    叶わなかったわけです。
     
    それはさておき、一時代を築いたレジェンドの復活は
    とても刺激的であり、勇気をもらったような気がします。
     
    次回はおとなしく、ライブで楽しみたいと思います。
  • 当選した瞬間だけが・・・・

    2019.04.09|ブログ

    統一地方選が終わりましたが、
    秋田でも多くの無投票当選の選挙区がありました。
     
    定数を越える候補者の届け出がない場合、または候補者が
    一人の場合は投票を行わずに候補者を当選させるわけですが、
    これって、いかがなものでしょう・・・。
     
    現職の議員が全員おしなべて〝スーパー議員さん〟たちで、
    住民がもろ手を挙げて再選を望んだ結果であるならまだしも、
    始めからあきらめムードの無投票の場合、そこに明るい未来は
    あるのでしょうか・・・。
     
    選挙に参戦するだけで多額のお金がかかる制度になっているうえ、
    当選するためにはいわゆる地盤や推薦などが必要不可欠なことから、
    もはや志だけで通用する世界ではなくなっているのが現状です。
     
    せめて秋田の未来を真剣に考え、行動する意欲のある人たちに
    政治を任せられるようなアドバンテージや仕組みがあっても
    良いように思います。
     
    くれぐれも当選した議員の皆さんには、全力で秋田の為に
    尽力してほしいと思います。
     
     
    〝当選した瞬間だけが輝いてるギインになってはいけない。〟
     
     
    どこの世界でも同じですよね。
  • 新元号

    2019.04.02|ブログ

    昭和から平成に変わった時、当時の小渕官房長官が発表した映像は
    ライブで見ていましたが、正直あまり印象に残っていませんでした。
    昭和天皇の崩御により元号が変わるという事自体に、
    あまり関心がなかったのかもしれません。
     
    今回は平成天皇がご存命のなかでの新元号発表のためか、
    世間の盛り上がりが前回と明らかに違うと感じます。
    すっかり御祝いムードですよね。
     
    少し前から新たな元号を予想する番組などが、
    さらに注目を高めてきました。
     
    昨日発表の「令和」は、おそらく誰も予想できなかったものでしょう。
    そもそも予想されたものは候補から外していたようですから、
    当然と言えば当然ですね。
     
    個人的には好印象です。
    なによりも、これまで参考にされてきた中国古典(漢籍)からの
    紐付きではなく、万葉集からの言葉であるところに
    日本らしさを感じます。
     
    大正生まれの方は4つ目の元号です。
    私は新天皇様とほぼ同世代なので、これがおそらく
    私にとってのラスト元号になるかと思うと、余計愛着が湧いてきます。
     
    〝令和の世〟を謳歌したいと思います!
  • 本質を伝える言葉

    2019.03.26|ブログ

    おそらく作詞家の松本隆さんが、松田聖子さんに書き下ろした
    数々の名曲の詩についてお話されているのを聞いたことが
    きっかけかと思いますが、以来、言葉に敏感になっています。
     
    それは耳に入ってくる言葉、自分が発する言葉を含めて、
    ちょっと神経質なくらいに。
     
    松本氏によれば、相手に〝好き〟を伝える際に
    「あなたが好きです」という直接的な言葉ではなく、
    その時の二人の心の動きや情景を捉えて表現することが
    重要であり、難しいところであると話されていました。
     
    わたしたちは木の家の注文住宅をご提案する専門会社ですが、
    広告やお話をするなかで使う、あるいは発する言葉をもって、
    いかに我々に未来や希望を感じていただくことができるかが
    勝負だと思っています。
     
    これまで使ってこなかった多くの言葉のなかにも
    新たな可能性を感じながら、さらなる我々の本質をお伝えする
    言葉を探っていきたいと思っています。
  • いよいよ最終!

    2019.03.07|ブログ

    昨年9月10日のオープン以来、たくさんの皆さまにお越しいただきました
    秋田市保戸野の常設モデルハウス「平屋暮らしが叶う木の家」ですが、
    いよいよ今週末の土日が最終公開となります。

    昨年暮れからご購入のオファーをいただき、素敵なオーナー様に
    お住まい頂けることとなりました。
    無事に嫁ぎ先が決まり、これからはオーナー様ご家族とともに
    新しい門出を迎えるわけです。

    このモデルハウスには本当にたくさんの思い出があります。
    ほぼ毎週末このモデルで皆さまをお迎えし、色々なお話を伺うことが
    できました。
    また、プランニングについてこれほどお褒めを頂いたことも、
    記録と記憶に残るおおきな要因となっています。

    私も大好きな住まいです!

    まだご覧になられていない方はもちろん、
    アンコールの方々も是非是非、お越しください。

    お待ちしています!
    ラストチャンスです!!